→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


母乳からミルクの切り替え

Unknown

赤ちゃんを母乳で育てたいママは多くいると思います。

しかし、赤ちゃんの体質などで母乳が飲めなかったり、ママの体調などでどうしても母乳が出なかったり、ママのお仕事の関係で、混合やミルクに切り替えないといけなかったりと、全員が完全母乳で育てることは難しいこともあるのではないでしょうか。

そこで、母乳からミルクへ切り替えていくときの「?」をいくつか見てみましょう。

ママたちが母乳とミルクを切り替えているタイミングは?

・まず母乳をあげてからミルク
・授乳の時間で母乳とミルクを1回おきにあげる

・朝・夜母乳で昼間はミルク(ママがお仕事に行っている昼間にミルクをあげていることが多いようです)
・昼間は母乳で夜はミルク(どうしても睡眠不足になってしまって、夜間はミルクをあげているママも多いようです)

など、それぞれの状況によって母乳とミルクを切り替えてよいでしょう。

また、赤ちゃんがミルクの味に慣れてきてから徐々に完全ミルクに切り替えているママも多いようです。

母乳から切り替える時の注意点は?

いきなり母乳を止めて、ミルクに完全に切り替えようとしたり、昼間はミルクして、夜だけ母乳にした場合、おっぱいが張って痛かったり、一気におっぱいトラブルになってしまうこともあります。

ママの体のことも考えると、少しずつミルクを足して、一度混合に変えてからミルクへ切り替える2段階での切り替えや、可能であれば、昼間も搾乳をしたものを保育園に渡せたらよいかと思います。

切り替えの時によくあるママたちの悩みは?

生後2か月を過ぎると、母乳は飲むけどミルクは飲まない!その前に、哺乳瓶は口にしない!という赤ちゃんが多いようです。

哺乳瓶の口や、ミルク自体の種類や濃さ、温度などをいろいろ試してみると赤ちゃんにあったものが見つかったり、どうしてもおなかがすいてしまったら飲み始めたという口コミも多いです。

もし、離乳食が始まっていて、哺乳瓶が嫌だということであれば、スプーンやストローをまっすぐ飲ませる方法に切り替えてあげたら意外とすんなり進むかもしれません。

また、離乳食も順調に栄養をとれるようになっていて、アレルギーなどがなければ、まっすぐに牛乳へ切り替えることもできるのではないでしょうか。

色々な事情もありますが、ママが焦っても赤ちゃんに伝わって、余計にうまくいかないこともありますので、赤ちゃんの状況に合わせて進めていきましょう。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ