→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


赤ちゃんが母乳を直飲みせず哺乳瓶で飲むのでで悩んでいました

母乳育児希望でしたか?実際はいかがでしたか?

母乳育児希望でした。

産後すぐに母乳がよく出ました。

しかしながら、我が子は母乳を直のみは(乳首から飲まない)せず、搾乳をして哺乳瓶に入れると飲むという始末。

授乳室では赤ちゃんが乳首を吸うのに母乳がまだたくさん出ない方がたくさんいました。

私はその逆。出るのに乳首を加えようともせず搾乳して哺乳瓶で飲ませなければならない。

「母乳が出るからいいじゃないか!」という方がいるかもしれません。

しかし、我が子が自分の乳首を吸うことを嫌い泣き叫ぶ姿は産後直後の私には苦しくてたまりませんでした。

ミルクより母乳が赤ちゃんの体に良いと思うこと、搾乳しないと乳腺炎になるくらい胸が腫れ上がるので昼夜問わず毎回一時間ごとに一時間かけて搾乳し母乳を飲ませました。

母乳を増やすために試したことやトラブル、体験談を教えてください。

母乳を直乳できなかった我が子も生後2ヶ月くらい経ってようやく直乳できるようになりました。
とても楽になりました。

しかし、4ヶ月健診で体重の増加が少ないことを保健師さんに指摘されました。
母乳にミルクを少し足すといいと言われました。

私としてはようやく母乳を直乳できるようになったのにまた哺乳瓶に頼らなくてはならないのが悲しくてたまりませんでした。

新生児の頃に母乳を座れなかったことで刺激が少なく母乳が足りなくなったのかもしれないとのこと。
悲しかったです。

母乳は赤ちゃんの健康には一番良いものでミルクよりも健康的だと思っていたし、哺乳瓶ミルクをあげるよりも母乳の方がスキンシップが取れるとも思いました。

少しでも母乳が出るように助産師さんに教えていただいたおっぱいマッサージをしました。

甘いお菓子やジャンクフードはもちろん洋食などよりも和食中心の食生活の方が、良質な母乳が出ると教えられたのでそれを実践しました。

赤ちゃんに乳首を吸われることで脳に刺激がいき母乳が出やすくなることを念頭に入れて母乳をこまめに吸わせるようにしました。

いま思えば母乳、母乳とストイックになっていたのかもしれません。

しかし、子どもの体重は大きく増加はしませんでした。

保健師さんに相談をしたところ、
「母乳は良いものですが赤ちゃんの栄養が足りないというのはよいことではありません。母乳だけでは足りない分をミルクで補ってあげるのが赤ちゃんにとって一番良いことですよ。それにお母さんのおっぱいを休めてあげることも大切なんですよ」
と、言われました。

私の中にあった「母乳神話」というものがなくなり、ミルクを飲ませるようにしました。

子どもの体重は順調に増えて、便秘も解消しました。
母乳がたりなくて便秘がちになっていたことに気が付きました。

我が子は母乳とミルクの混合で育てました。
「完母」と聞くとうらやましいなと思うこともありましたが、ミルクならば子どもを預けて少し外出することも可能であったし、卒乳も簡単でした。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ