→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


搾乳器を購入しても冷凍するほど母乳は搾乳できませんでした

母乳育児希望でしたか?実際はいかがでしたか?

妊娠期間中に母乳が如何に子どに有益か母親教室やら、妊婦雑誌で情報を得て、すっかり母乳神話に縛られ、母乳が出なかったら母親失格かと不安になっていました。
そういった情報から当然母乳育児を希望しましたが、
小さく生まれた我が子は、食欲旺盛で母乳だけでは足りず、生後直ぐにミルクを投入しました。
ミルク混合育児にした事で、結果的にはミルクでお腹を満たされた我が子はご機嫌で、母親は肉体的にも精神的にも余裕が出来ました。

母乳を増やすために試したことやトラブル、体験談を教えてください。

出産前は、母乳が出やすくなる様にと、おっぱいマッサージを頑張ってみましたが、不快極まりありませんでした。

出産後、母乳を増やすためにした事ですが、初めての子育てで、子どものお世話で精一杯で母乳を増やす為に特別に何かに取り組む事は出来ませんでした。
ただ日々の生活の中で簡単に出来る事は継続しました。
例えば、アルコールには当然口をつけず、いつもは食べない苦手な食材も栄養バランスを考え積極的に取ったり、母乳の出が悪くなると言われている大好きな甘いものは控えました。

育児休暇期間だけでも、母乳だけで育てたいと考えましたが、母親なりに頑張っても、子どもが満足するだけの量は出せませんでした。
搾乳器も準備し、出る時に出して冷凍しようとしましたが、飲み尽くされて、冷凍するほど搾乳出来ず、搾乳器は我が家ではあまり活躍しませんでした。

因みに搾乳器を使用する背中を曲げて母乳を出す自分の姿も、ホルスタイン母乳製造工場の様で、最後まで慣れる事が出来ませんでした。

初めての子育てに加え、標準より小さく生んでしまった事で、とにかく赤ちゃんに「泣かれる」事と「機嫌が悪くなられる」事に母親の私が過敏になり、母乳をあげる前に、ミルクを準備し、母乳を飲み干したら直ぐに哺乳瓶をくわえさせ、ミルクをあげていました。

職場復帰後直ぐに、左胸が乳腺炎になり、我慢できない痛みではありませんでしたが、シクシク痛み、これもまた不快なものでした。
乳腺炎は母乳をあげるおっぱいの順番を変えれば防げたのかもしれませんが、左胸の出が良く無いので、赤ちゃんの機嫌が悪くなり、いつも母乳の出の良い右胸からあげてしまっていました。
左胸の乳腺炎の症状は結局母乳が止まるまで続き、胸が張り詰まった感じが続きました。

出産から7ヶ月で体調を崩し、ぱたっと母乳が出なくなってしまいました。

離乳食も進んでいましたので、それほど困りませんでしたし、むしろ母乳をやめた事で体の負担は減り、心に余裕が出ました。
私の心に余裕が出たので、赤ちゃんを大事に抱いて、赤ちゃんの目を見て語りかけながらミルクをあげる事が出来る様になりました。

早生まれの上に小さく生んでしまったと気にしていましたが、クラスで3番目に大きく成長している我が子を見ていると、これからママになる人、子育て中のママに、
「母乳神話が蔓延っていますが、あまり気にしなくて良いみたい」とお伝えしたいですね。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ