→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


母乳育児では体重が増えず離乳食を始めるまで悩んだ体験談

母乳育児希望でしたか?実際はいかがでしたか?

出産前から母乳育児を希望していました。

出産した病院は母子別室で、3時間おきに授乳の時間があったのですが、最初から母乳の出が悪く、また子供も吸うのがあまり上手くないとのことで、母乳だけではほんの少ししか飲めておらず、量が足りず最初からミルクを追加する状態でした。

それでもなかなか体重が増えず、周りは母乳だけでどんどん大きくなっていく赤ちゃんも多く、精神的にかなり焦っていました。

ただ、病院は完全母乳にこだわらない方針で、寧ろこだわりすぎることに注意するような感じだったのが救いでした。

母乳を増やすために試したことやトラブル、体験談を教えてください。

友人に相談したり、インターネットで色々調べたりして、母乳マッサージをしてもらいました。はじめは不定期に時間がある時に行っていましたが、自宅に帰ってからは桶谷式というところに週一回くらいのペースで通いました。

はじめは、母に子供を預けて一人で通い、少し大きくなってからは子供と一緒に行って、マッサージ後にその場で授乳するようにしていました。

でも、マッサージすると、している間にも母乳がピュッピュッと吹き出してとてもよく出るのですが、その後授乳して体重を計るとあまり増えていないということが多かったです。

桶谷式では、極力ミルクを与えないように指導されたので、やはりなかなか体重は増えず、今思えばいつもお腹を空かせていたのかな、と申し訳ない気持ちです。

トラブルとしては、母乳が詰まって乳房がカチカチになることが何回かありました。まずは子供に頑張って吸ってもらい、詰まりが取れなければ今度は自分で揉んだり絞ったりして、どうしてもダメなら緊急でマッサージに駆けつけて、予約外で見てもらったこともあります。

これは本当に痛みが強く辛くて、詰まっている間は、このまま取れなかったらどうなってしまうんだろうかと、気が気ではありませんでした。詰まりが取れる時は、乳首からほんの針先程の固まりがプチッと取れたのがわかり、途端に溜まっていた母乳が勢いよく出てくるので、みるみる乳房が柔らかくなり、本当にホッとしたのをよく覚えています。

詰まりを防ぐために、乳製品は極力取らないようにしていました。ケーキなど生クリームを食べると、途端に詰まってしまうようでしたので。。。

色々試しましたが、結局、離乳食を始めるまでは体重の増えが悪く、検診でも常に経過観察の状態でした。5〜6ヶ月頃に離乳食を始めると、途端に体重は増え始め、やっと精神的にも焦りから解放されたのを覚えています。

その後は離乳食後に母乳を与える、を続け、最終的に2歳直前まで母乳は続けました。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ