→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


和菓子を食べると母乳が増えると聞きよく食べていました

母乳育児希望でしたか?実際はいかがでしたか?

片頭痛持ちなので、頭痛薬が手放せないので、混合育児希望でした。

頭痛がおきると痛くて育児や家事もままならないので、片頭痛の薬を飲むんですが、その薬が強いので、薬を飲んだらおっぱいをあげたくないので、ミルクを飲んで欲しかった。

でも、普段は母乳がメインであげていると、いざ片頭痛になりミルクをあげようとすると哺乳ビンの乳首をくわえてくれずにミルクを飲ませられなかった。

なので、仕方なく薬を飲まず頭痛を我慢して、母乳育児になりました。

母乳を増やすために試したことやトラブル、体験談を教えてください。

おっぱいのマッサージを看護士さんにしてもらっていた。
お餅やもち米などを食べると、沢山母乳が出ると聞いて、和菓子をよく食べるようにした。

逆にショートケーキやシュークリームなどはバターなどが入っていて、いい母乳が出ないので、食べるのを控えるようになった。

乳腺炎にならないように、赤ちゃんがあまり飲まない時は、張りすぎないように母乳を絞っていた。

乳腺炎にならないように脂っこいものをあまり食べないようにしていたが、たまにカレーやピザ等を食べると乳腺が詰まったようになったり、乳腺が熱を持って痛くなったり、していた。

水分をしっかり取らないと母乳の出が悪くなると聞いたので、1日にしっかり2リットル以上とるようにしていた。

夏野菜を沢山食べると体が冷えて、母乳の出が悪くなるらしいので、体を暖める野菜、大根、人参、ゴボウ、等の根菜類をしっかり食べるようにしていた。

飲ませないとおっぱいの出が悪くなると聞いていたので、乳首が切れても我慢して飲ませていた。

気分をリラックスするためにハーブティを飲む。
ノンカフェインのタンポポコーヒーやルイボスティを飲んだりしている。

いい母乳が出るように、マゴワヤサシイを1回の食事に3品取り入れるように心掛けている。

野菜不足にならないように、青汁を飲んでいる。

出来るだけ地元の野菜や無農薬の野菜をとるように心掛けている。

お砂糖も白砂糖を使わずに黒砂糖を使うようにしている。塩も食塩は体にも良くないものは、母乳にも悪いので、天然の海水から作られたミネラルが含まれた塩を使うようにしている。

髪もけい皮から悪いものを吸収すると聞いたので、ハーブのヘナで、髪を染めていて、シャンプーも石油などて作られているものは使わずに自然のもので作られているものを使うようにしている。

皮膚からも悪いものを吸収すると聞くので、下着や服なども環境や体にも害がないアラウ洗剤やココナッツで作られている洗剤を使っている。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ