→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


ハーブティーと搾乳機で完全母乳を頑張りました

母乳育児希望でしたか?実際はいかがでしたか?

母乳育児希望でした。

子供は現在2人います。
1人目の時は、母乳はなにもしなくても当然のように出てくるものだと思っていて、マッサージや食事などもなにも気にしていませんでした。

入院時に母乳育児についてもなにも教えてもらえなかったので、特にそれが普通のことなのかと思っていました。

退院後すぐに風邪をひいてしまい、母乳をやめて薬を飲んだりしていたため、段々と母乳の量が減ってきているのを感じていました。

それから、母乳育児にはいろいろな痛みが伴い、薬を飲んでいることもあり、母乳育児を諦め、完全ミルクで育てました。

2人目は、1人目の時の経験があったので、出産前から母乳育児について調べ、できることは全てしました。

結果、2人目は完全母乳育児で現在まできています。

母乳を増やすために試したことやトラブル、体験談を教えてください。

まず、ハーブティーを飲みました。

でも、スパイスのきいた味がどうしても苦手で、そのハーブティーはやめ、代わりにストレスを軽減するというハーブや、リラックス効果のあるハーブなどのハーブティーをとりました。母乳がおいしくなると聞いたので。

それから、とにかく産婦人科で出た献立になるべく近づくようなご飯をとることを心がけました。産後のダイエットにも、と思い、なるべくヘルシーなものや、食物繊維が豊富なものを選び、栄養をとるようにしていました。

乳腺のマッサージもインターネットで勉強しながら少しずつほぐしながらやってみました。個人的にはこれが一番効果があったように思います。マッサージしてる最中から、もう母乳がシャワーみたく飛んでいたので。

子供がまとまって寝てしまって授乳時間があくときは、搾乳器を使って搾乳しました。その分は冷凍して、親に預けるときや主人に任せるときなどに溶かして哺乳瓶で飲ませていました。

搾乳器ですが、結構痛いです。わたしは搾乳器を使いすぎたのか、ずっとアザになって残っていました。

搾乳器を使うよりも、手で搾乳した方が、しこりもほぐれるし、痛みが少なかったです。ただ、手を使ってもこすれるので、皮が剥けたり、トラブルは多かったです。

やはり直接飲んでもらうのが一番でした。直接飲んでもらってもトラブルはあります。

歯が生えていなくても、段々と力がついてくると乳首を噛みちぎられるような時があります。吸う力だけでも、乳首が切れることなんて、しょっちゅうありました。

乳首のトラブルには、ランシノーという軟膏を皮膚に塗り、その上からラップをしていましたが、授乳時間が短いので、数週間は本当に痛かったです。授乳の度に血が出ていました。

痛くてもそこで母乳育児を中断してしまったら母乳育児が続けられなくなるのはわかっていたので、痛くても我慢するしかありませんでした。それを乗り越えれば切れる事はありません。

食事に気を付けていても、乳腺炎に1度なりました。寝ていても痛くて起きてしまうほどで、5日程度は歩くことさえ辛かったです。

乳腺炎も一番は飲んでもらうことだそうです。とは言っても飲める量にも限度があり、搾乳しました。声が出てしまうほどの激痛でした。

誰もが経験するようですが、そんな時は早めに母乳外来に行ったほうが良さそうです。保険がきかず、自費診療ですが、その場で治るそうです。私も知っていれば行きたかったですが、それを知ったのはだいぶ後のことでした。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ