→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


罪悪感を捨てフェンネルネトル入りハーブティーで母乳を増やしました

母乳育児希望でしたか?実際はいかがでしたか?

完全母乳育児を希望していました。
ただ実際のところ、産後間もない頃は、母乳の出がいまいち良くないことと、赤ちゃんの飲み方が上手じゃないこともあり、
母乳が足りないために、夜中の授乳回数が増えてしまい、自分自身が疲れてしまったこともあり、夜、眠る直前の授乳だけは、粉ミルクをたっぷり飲ませました。

3ヶ月くらいになると、母乳の量も安定し、赤ちゃんも飲み方に慣れたので、3カ月検診の際に先生からの指導を受け、完全母乳育児に切り替えました。

母乳を増やすために試したことやトラブル、体験談を教えてください。

今は一般的に、完全母乳育児を推奨している病院が多いと思うのですが、私が出産した大学病院も、完全母乳育児を推奨していました。
私も完全母乳育児を希望していましたが、産後間もない頃は、母乳の出がいまいち良くない為、先輩ママにアドバイスをもらったり、産院で助産師さんからアドバイスをもらいました。
私が母乳を増やすために試したことは、定番ですが、おっぱいマッサージをすることと、ハーブティを飲むことでした。

ハーブティーは、母乳の出を良くする効果があると言われている、フェンネル、キャラウェイに、葉酸が多く含まれ、鉄分補給にも効果的なネトル、

それにペパーミントやエルダーフラワーなどのドライハーブを、自分でブレンドしたものを積極的に飲むようにしました。
その他には、ドイツの自然療法薬局のオリジナルブレンドのハーブティーを取り寄せて飲んだりもしました。
それから、おっぱいマッサージは、産院で教わったとおりに、毎日地道に行いました。

そのおかげか、3カ月目くらいからは、母乳がしっかり出るようになり、赤ちゃんの体重もきちんと増えていったので、3カ月検診の際に先生からの指導に基づき、完全母乳に切り替えました。

今思えば、母乳が出ないこと、粉ミルクを足していることに、なぜかとても罪悪感を感じていました。
今思えば、別に悪いものを与えているわけでもなく、子供がお腹を空かせているほうが良くない事なのに、周りに同じ歳の赤ちゃんを完全母乳で育てているママ達の話を聞いたりして、

とてもプレッシャーに感じていて、ものすごく悩みました。
同じように悩むお母さんも多いようなので、みんなそれだけ育児に真剣なのだと思います。
真剣に悩むことも時には大切なことだとは思いますが、それをストレスに感じてしまうと、余計に母乳が出にくくなってしまうようです。

私の場合は、途中であっさり割り切ることができたので、気持ちがかなり楽になり、それとともに、母乳の量も多くなった気がします。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ