→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


産後二、三ヶ月が母乳量のピークで減っていきました

母乳育児希望でしたか?実際はいかがでしたか?

私は母乳育児を希望していました。産後すぐは入院中の産婦人科で助産師さんの指導を受け、母乳を与える練習をしました。赤ちゃんは食いつきが良く飲むのもわりと上手だったため、母乳の量は少しずつですが増えて行きました。

それでも、他のお母さん達に比べると私は母乳の出が少なめでした。母乳だけでは赤ちゃんが満足してくれず、ミルクを足して与えていました。

退院後は母乳の量は一気に増えていきましたが、やはりミルクを足さないと赤ちゃんは満足しない様子。結局、母乳とミルクの混合でやって行くことになりました。

母乳を増やすために試したことやトラブル、体験談を教えてください。

私は母乳の出が悪く、とても苦労しました。対策としてまず、水分を沢山取るようにしていました。それから栄養バランスの良い食事を心がけていました。

そして何よりも、赤ちゃんに飲んでもらうことで母乳の生成量も増えるということで、とにかく暇さえあれば赤ちゃんにおっぱいを咥えさせていました。バランスよく出るように、左右のおっぱいを時間を決めて交互に吸わせるようにしていました。

努力の甲斐もあり、母乳の量は順調に増えて行きました。産後二、三ヶ月が母乳量のピークだったと思います。授乳の時間が来ても赤ちゃんが起きてくれなかったりすると、おっぱいがガチガチに張って痛いくらいでした。

産後五ヶ月を過ぎた頃、生理が再開しました。それを機に、順調だった母乳の出が少しずつ悪くなっていきました。赤ちゃんにおっぱいを吸わせても食いつきが悪くなり、次第に飲む時間も短くなっていきました。

私はまだまだ母乳を与えたかったので、母乳外来に行きました。出産をした病院で助産師さんが相談に乗ってくれるものでした。

赤ちゃんと一緒に行き、まずは授乳前の赤ちゃんの体重を計ってもらいます。その後助産師さんの前で授乳をし、今度は授乳後の赤ちゃんの体重を計ってもらうことで、母乳の量をチェックしてもらいました。

その後はおっぱいマッサージをしてもらいました。母乳が出るようにするためにどうすれば良いのかも色々と相談しました。マッサージを受けた後しばらくは、母乳の出が良くなった気がしました。

その後も何度か母乳外来に通い、なんとか母乳育児を頑張っていました。しかし、産後八ヶ月くらいだったでしょうか。ついに母乳がほとんど出なくなってしまいました。

原因はやはり生理が再開してしまったことや、赤ちゃんが離乳食を沢山食べるようになり、母乳がメインではなくなってしまったことだろうと思います。もう少し長く母乳を与えたいと思っていたのに、とても残念な気持ちでいっぱいでした。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ