→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


チョコレートは乳腺を詰まらせるのでNGと助産師に注意されました

母乳育児希望でしたか?実際はいかがでしたか?

母乳で出来るだけ育児したいと妊娠中は思っていました。
産後入院中には思うように母乳が出ず、どうしようと思っていたのですが、助産師さんのアドバイスとマッサージをいただいて、飲ませていたらでるから!の言葉を信じてミルクは買わずに退院しました。

乳児もしっかりくいついてくるようになって、どれだけ出ているかはわかりませんでしたが、乳児が満足する程度には出ていたようで、無事1月検診でOKをいただいたので、その後も私がしっかり食べて、母乳で育児を継続することができました。

母乳を増やすために試したことやトラブル、体験談を教えてください。

入院中に妹がチョコレートを差入れてくれました。巡回に来た助産師さんがそれをみつけて、やさしい口調で、チョコレートは乳腺を詰まらせることがあるので、しばらく控えようね、と言われて食べる物が体を作るのだ、と再確認しました。脂肪分が多いので、良くないそうです。
昔は餅を食べると母乳がよく出る、という俗説があったそうですが、何を食べたらいい、という話より、乳腺を詰まらせる恐れがあるので、脂肪分や味の濃いものは控えるようにと、避けた方がいい食材の説明がありました。

1月間は実家にお世話になったのですが、母が和食の薄味だったので、助産師さんから食事面での指導はなかったです。
もういいだろうと思ってキムチ鍋を食べた友人は、その後授乳したら子供に乳首をかまれたと言っていました。辛すぎないようにはしていたけど、やっぱり母乳に辛いのが出ていたのかもしれないなあと、話していました。

1月検診前に左の乳房が張ってきて熱を持って硬くなってきました。明日は健診だから相談しようと我慢して産婦人科に行きました。検診の後、助産師さんに相談すると、かたい部分を押しながらあかちゃんに飲んでもらうしかない、乳腺炎になりかけだけど、いまなら収まるよ、という説明でした。押すのも非常に痛かったですが、助産師さんの言葉を信じて、右手でかたい部分を押しながら授乳を続けていると、段々熱も硬さも良くなり、無事直りました。
初めての事でどうしていいかわからず、近くに産婆さんなど相談できる方もいらっしゃらなかったので、助産師さんの言葉は非常に心強かったです。
以後、左の方が詰まりやすそうだから、左から母乳をあげるようにしたら、スムーズに授乳できるようになって良かったです。

妊娠中にしなかった乳房マッサージも産後するようにしたら、母乳の出が良くなったように思います。私は乳首が短いらしく、しっかりとくわえさせてねと言われました。助産師さんが自分の小指をあてて、爪位の長さでした。それでも飲ませているとその時だけ伸びるようで、標準より大きめになってくれたので良かったです。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ