→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


乳首から血が出てトラブルに悩まされました(母乳育児)

母乳育児希望でしたか?実際はいかがでしたか?

混合希望でした。出産後すぐは、母乳がいいと聞いて少しでも出ればあげたかったのですが、母乳しか飲まなくなれば離れられなくなり困るので混合希望でした。
入院してからは、母乳斡旋の病院だったので、母乳はママだからできることだと思い、母乳がでなければ傍にいる自分がママでなくても誰でもよくなる気がして必死に母乳をだそうとしました。母乳は結局あまり出ず、子供も乳首を嫌がりました。退院してからは、仕事復帰のことも考え早々に完全ミルクになりました。

母乳を増やすために試したことやトラブル、体験談を教えてください。

入院前には食べすぎないようにしていたので、入院中ではたくさん食べました。母乳にいいマッサージや食べ物は知識がなかったので、とにかく助産師さんたちを捕まえてマッサージをしてもらい、教えてもらいましたが、乳腺炎になり脇下が腫れ上がり熱をもち、保冷剤で冷やさないと大変だ、という場面もありました。

何度も自分でしてもうまくできないのか、やりすぎなのか、乳首も脇下も痛くてあちこちの痛みで疲れ果ててしまいました。
食事より、母乳の出がよくなるノンカフェインの紅茶があると聞きました。入院食では、貧血や母乳のためか、カロリーが高い産褥食でしたので、油が多く私の遅い母乳対策では、よくない食事だったかもしれません。

また、入院中には乳首が切れることを考えていなかったので、保湿する薬なども調べずにいました。
病院の売店では、最近は乳首を保湿する薬は置いていないそうで、また、急いで家族に馬油クリームを買い出しにいってもらいました。
馬油も、助産師さんたちに聞いて初めて知りました。

子供の乳首のくわえかたも、母乳の上げ方も、母乳の出方も噛み合わない場合に、乳首をよく切ってしまうことがあるそうです。どれもうまくいかず、入院中かなり参りました。泣いても母乳が出ず、ミルクも足りず、乳首を嫌がるので、仕方なく度々血が出てもおっぱいをくわえさせて、母乳が出るのが先か、子供の気が紛れるのが先か、ずっとマッサージをしていました。

血がでたままなのに、母乳をあげることに必死になっていて、血を飲んでしまった子供の口は真っ赤になってしまいました。母乳を増やすには真似でも乳首を吸わせると聞きましたが、ケアまで知識がなく、とても苦労しました。都度怪我をし血が出て母乳中止になるので、怪我が治ってきた頃に、保存用の母乳パックに絞ってあげたらどうかと言われましたが、持ち合わせていなかったので、きれいな哺乳瓶を借りて、痛みがマシな時に哺乳瓶に母乳を出るだけ溜めてあげるようにしました。実際衛生上も綺麗ではないし、哺乳瓶が足りなくなるからとあまり実践は出来ませんでした。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ