→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


おっぱいを飲まず生後6ヶ月から完全ミルクになりました

母乳育児希望でしたか?実際はいかがでしたか?

完全母乳を目指していましたが、生まれた時から上手に吸い付くことができず、初めから混合でした。
息子はギャンギャン泣いて、親子で泣きながらおっぱいを吸う練習をしましたが、1ヶ月してもおっぱい上手く吸うことができず、徐々にミルクの量が増えてしまいました。ミルクを増やすとどんどん母乳の出が悪くなると色々な人から言われたので、母乳が増えるように搾乳したりしましたが、結局息子が満足するほどは出ませんでした。
そして6ヶ月頃からは完全ミルクになって、本当に残念でした。

母乳を増やすために試したことやトラブル、体験談を教えてください。

息子が生まれて翌日から産婦人科で母乳をあげる練習をしました。私の乳首が陥没気味だったみたいで、初めから吸いづらそうで、上手にはあげれませんでした。
小さく生まれたこともあり、おっぱいを両方5分づつあげた後は、ミルクをあげるように産婦人科から言われました。
ミルクをあげたくはありませんでしたが、おっぱいを上手く吸えずにギャンギャン泣く息子を見るのは胸が痛く、おっぱいの練習をするのが本当に苦痛でした。
産婦人科を退院した後は、母乳の出を良くするためにルイボスティーを毎日1リットル程度飲んだり、搾乳機で搾乳したものを哺乳瓶に入れてあげたり、母乳外来にも行ったりして、おっぱいを飲めるように頑張りましたが、息子はおっぱいを嫌いのような感じで、口元におっぱいを近づけると嫌がって泣きました。
当たり前に周りのママ達ができているのに、自分だけができないことは、母親失格のような、息子から拒絶されたような気分になり悲しくてよく泣いていました。

おっぱいを吸わせれば吸わせるだけ母乳は出るようになるから、ミルクを飲ませる前に必ずおっぱいを吸わせるようにと言われて、必死にあげましたが、お腹が空いてギャンギャン泣いている息子を前には、そんなに長い時間おっぱいを飲ませる練習はできませんでした。
息子はミルク大好きで、結局どんどんミルクの量が増えてしまいました。検診では、体重が増えすぎなのでミルクを減らすようにと言われました。母乳ならいくらあげてもいいけど、ミルクはカロリーが高いのであげすぎに注意するように言われることが本当に嫌でした。

6ヶ月頃からは完全ミルクになってしまい、夜中のミルクの作りは辛くて、完全母乳にひとがとても羨ましかったです。児童館などでも哺乳瓶でミルクをあげることがコンプレックスになってさしまっていました。
現在第二次を妊娠していますが、絶対完全母乳にしたくて体調のいいときは乳首のマッサージクリームを塗ったり、今からルイボスティーを飲んだり頑張っています。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ