→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


産後一年で仕事復帰をし、夜だけ母乳をあげる生活に

母乳育児希望でしたか?実際はいかがでしたか?

母乳育児希望で、長男出産の際はとてもがんばりました。何を頑張ったかというと、赤ちゃんが泣けばおっぱいを吸わせるという簡単なことです。でも、初めての母乳育児だったので、めまいがするほど辛かったです。まだ乳腺も通っていないような時期なので、おっぱいの出も悪いし、寝不足だし、おっぱいを出したいという焦りもあり、最初苦戦しました。
長男は混合で、次男の時は完全母乳でした。

母乳を増やすために試したことやトラブル、体験談を教えてください。

母親から、昔からパパイヤを食べるとおっぱいの出が良くなると言われていると、パパイヤ炒めをよく作ってもらいました。それを信じて毎日のようにパパイヤを食べていました。食べるとおっぱいの出が良くなったように感じました。あと、汁物をたくさん飲むと母乳がよく出ると、お魚のお味噌汁やレバーの入った味噌汁を三食飲んでいました。
長男の時は母乳の出がそんなに良くなくて、ミルクと混合でしたが、三年後に産んだ次男の時は、産んだ初日から母乳がよく出て、うれしい気持ちでした。

次男の際は、長男の時とは違った悩みがありました。母乳が出すぎていて、次男は母乳を飲みすぎあっという間に成長し、一か月検診の時には二キロ近く増えていました。担当のお医者様に、「赤ちゃんが泣いたときには、おっぱいをあげるだけではなくて、抱っこしてあやすこともしてみてね」と言われ、恥ずかしい思いをしたことを覚えています。

出産して一年で仕事復帰をしましたが、夜だけ母乳をあげる生活になりました。仕事の時は、ちょっと子供のことを考えるだけで、おっぱいが張ってきて、トイレに行き絞って出していました。

一番困ったことは、子供が熱を出して保育園を休み、看病をしていると、いつもは仕事をしている時間にも母乳をほしがり、そして私も与えていました。すると、子供の熱が下がって仕事に行くと、二、三日昼間に母乳をあげていたことで、体が母乳をあげる態勢になり、仕事中もおっぱいが張ってくるのです。

仕事に行くので、普通のブラジャーをしていたので、おっぱいの張りに気づかず、お昼あけには高熱が出てきました。おっぱいを触ってみると、カチカチです。熱が出てきてから気づいてしまったので、もう遅かったみたいです。どんどん熱は上がります。たまたま、インフルエンザが流行っている時期だったので、上司に熱があることを伝えると、念のため、近くの病院でインフルエンザ検査をしてきて、と言われました。早く帰って、おっぱいをしぼりだしたいなと思いましたが、男性の上司だったので内容を説明できず、困りました。

とりあえず病院に行き、インフルエンザの検査をしましたが、陰性でした。
早く帰っておっぱいをしぼり出したい一心で、高熱で朦朧としながら、運転をして帰ってしまいました。今思うと、あの状態で運転したことが、恐ろしいです。

おっぱい育児、思ったよりも大変でしたが、いい思い出です。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ