→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


退院前に看護師さんによる恐怖の母乳マッサージを受けました。

母乳育児希望でしたか?実際はいかがでしたか?

母乳育児希望でした。でもミルクをあげていなかったため、哺乳瓶はまったくダメで、病気になったときや、少し預けたいときも短時間しか預けることができず、すごく苦労しました。

母乳を増やすために試したことやトラブル、体験談を教えてください。

最初から母乳が出る人は母乳育児が当たり前と思っていたので、生まれてすぐは、出る母乳が少なかったため大変苦労しました。
入院中、日に日に子どもの体重が減り、母乳が足りないため泣く回数も多く、不眠不休の日々が続きました。
母乳の出がいまいちなため、退院前に看護師さんによる恐怖の母乳マッサージを受けました。
出産時も大変痛かったのですが、母乳マッサージがこんなにも痛いものかと思うほど、おっぱいを剥がされるような、もぎとられるような、ものすごい激痛を感じるマッサージでした。

こんな思いをしてまてま母乳を出さなくてもいいと思えるくらいの激痛でしたが、いままで柔らかいただのおっぱいが、マッサージのおかけでハリが出て、まさに母乳をあげるためのおっぱいに変身したのを覚えています。

その恐怖のマッサージを受けてから、みるみる痩せていった赤ちゃんだった子どもが、退院後からはほんとに足りなかったのかと思うくらいぷくぷく太り、ミルクなど一切必要のない母乳育児をすることができました。
また、今度は母乳が出すぎるため、逆に3、4時間空いただけで胸がパンパンに張ってしまい、乳腺炎の一歩手前になるくらいまで硬くなってしまったときもありました。

また、古い考えの持っていた実母が、モチをたくさん食べさせようと準備してくれて、乳首から母乳が溢れてしまうこともありました。
やはり昔の人はモチを食べると母乳がたくさん出ると言われているため勧めるのだろうけど、現代は栄養価の高いものもたくさんあり、栄養も十分に足りているので、モチは必要ないのだなと思いました。

むしろ詰まって乳腺炎の原因になってしまうので、食べない方がいいみたいです。
とにかく母乳がよく出ると、たくさん飲んで、赤ちゃんも夜ぐっすり眠るようになり、良いことづくめだと思う反面、ミルクをたまにあげていなかったために、哺乳瓶嫌いになってしまい、それは痛恨のミスでした。
まったく預けられないし、病気なときは栄養をとられるようで大変困ったのを覚えています。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ