→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


出産後母乳はほとんど出ず、2人目で混合育児になりました

母乳育児希望でしたか?実際はいかがでしたか?

一人目は知識もなく、なんとなく母乳が出たらいいなと思いながらも混合で、生後3カ月でミルクになりました。

二人目は里帰りしなかったので出産した病院が一人目とは違うのですが、助産師さんに「大丈夫、母乳でいけそうよ」と言われたので、強いこだわりはなかったものの、「今度は母乳で頑張ってみようかな」と思いました。

しかし、出産後母乳はほとんど出ていない様子。
母乳推進の個人医院で、いつでも助産師さんに相談でき、言われた通り泣いたら母乳で頑張っていたのですが、赤ちゃんの体重が減少する一方で、入院2日目にして混合になりました。

その後、ずっと混合育児で、離乳食が3回食になると、母乳はほぼ寝かしつけの道具のようになっていました。
1歳を過ぎたころ、夜起きたときに母乳なしで寝てくれそうなので、トントンで寝かし、寝るようになって卒乳となりました。

母乳を増やすために試したことやトラブル、体験談を教えてください。

一人目は知識もこだわりもなく、流れるままにミルク育児に定着した感じです。

一方、二人目はそれなりの知識があり、助産師さんの助言もあって、「とにかく泣いたらおっぱい」をひたすら繰り返しました。
しかし、赤ちゃんの体重は入院中から減少し、このままでは赤ちゃんだけ退院できない可能性もあるからとミルクを足すように言われたのです。
ミルク育児は慣れているのでスムーズにミルクを飲ませることはできたのですが、入院中赤ちゃんにミルクをあげているのが自分だけで、なぜかそれが負い目に感じました。

ミルクを足したおかげで赤ちゃんの体重は増え、予定通り5日目で母子ともに退院できました。
退院後は、なるべく少ないミルクで、とにかく泣いたらおっぱいにし、吸ってもらうことで母乳が増えることを期待し頑張りました。

入院中体重の増え方に不安がある赤ちゃんは1週間後に産院を受診し、赤ちゃんと母乳の状態を助産師さんに診てもらうことになっていました。
赤ちゃんは母乳を吸って、それなりに寝てくれていたので、「もしかしたらきちんと母乳も体重も増えているかも」と期待したのですが、現実はシビアなもので、体重は1日10g程度しか増えておらず、全然足りていない状態。
赤ちゃんは、ただ吸い疲れて寝ているだけだったのです。

当然ミルクを増やすよう指導されました。
私も、これがきっかけで「大事なのは母乳じゃない。赤ちゃんが元気に育つことだ」と気持ちを切り替え、本格的な混合育児が始まりました。

元々、第一子は生後3カ月から完全ミルク育児。
ミルクの扱いには慣れているので、不安はありません。
ミルクを増やすと、それまでと違い、赤ちゃんは殆ど泣かなくなりました。
お腹が空いていて泣いていたんだ、ごめんねってすごく思いました。

母乳の出は、産後3カ月くらいになると、量が増えてきました。
最終的には1日のミルクが500cc前後で、残りは母乳という形で落ち着きました。
その後赤ちゃんの体重は順調に増え、身長は成長曲線のかなり上の方、体重は成長曲線の真ん中くらいをずっと推移し、健診も何の問題もなくクリアできました。

私はもともと痩せ形で、胸のサイズはAカップ程度しかありません。
胸のサイズと母乳の量は関係ないといいますが、頑張っても母乳が増えないタイプの人も確実に存在します。
私がそうなんだと思います。

母乳には良いことがたくさんあるのは事実ですが、私の子供たちは、上の子も下の子も健康優良児。
良く笑い、元気に育ってくれています。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ