→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


退院後は一回の授乳で母乳が足りず、ミルクを足して混合にしました。

母乳育児希望でしたか?実際はいかがでしたか?

初乳は必ず飲ませたく、母乳が出るならできればそのまま母乳で育てたかったです。

しかし、母乳の出が悪くミルクと混合になりました。

母乳を増やすために試したことやトラブル、体験談を教えてください。

母乳が出やすくするためにマッサージと、母乳を作るために、胸が張ったら飲ませるか搾乳して、よく出るようにしてました。

しかし、産院の考えは胸が張って赤ちゃんが泣いたら授乳という考えではなく、胸が張っても赤ちゃんが泣いてもきっかり2時間ごとの授乳にしないと怒られたのが困りました。

退院後は一回の授乳で母乳が足りず、ミルクを足して混合にしました。

夜中も続く約2時間おきの授乳では、母乳をあげてミルクを飲ませて、その後哺乳瓶の消毒、母乳の搾乳をしていました。

実際には1時間おきに起きなくてはいけない状況で、とても辛かったです。

母乳も、搾乳しても増える様子もないことに焦ったりしました。

今思えば、消毒をつけ置きにしたり手を抜けば良かったなと思います。

また、完全母乳に拘らず「なるようになる」ともう少し気を楽に持てたなら、

精神的にも良かったし母乳ももう少し出るようになっていたかもしれないなと思います。

その後も母乳の出方は変わらず、赤ちゃんの飲む量は増え続けるので足りないと泣くようになり、

徐々にミルクの量を増やし完全ミルクにしました。

すると赤ちゃんが満腹になったのが、それまで約2時間おきの授乳だったのに、突然5時間続けて眠るようになりました。

身体も気持ちも楽になり、嬉しくて泣いてしまったのを覚えています。

完全母乳に拘ったのは、自分の母や姉が完全母乳だったので、自分もそうしなければならないと

周りからも自分でもプレッシャーを与えていました。

母乳に良いものを食べ、自分でも味をチェックしなくてはいけないこと、

もっと辛かったのは、ミルクを足しているから母乳が益々出なくなるのだ、と叱責を受けたことです。

そして、一番の後悔は母乳を飲ませるときに、自分が穏やかな気持ちで赤ちゃんといられなかったことです。

「また足りなかったら…」「うまく飲ませてないからかもしれない」と、どんどん自分を追い詰めていました。

完全ミルクにしてからは、赤ちゃんの目や飲む様子をじっくり見ながら、初めて穏やかな幸せな気持ちになりました。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ