→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


母乳の出が悪く、授乳に1時間かかりました

母乳育児希望でしたか?実際はいかがでしたか?

 私は、昨年10月に長女を出産しました。
 第一子の出産ということで、当初は、母乳育児を希望しておりました。

 しかし、いざ娘に母乳を与えようとしても、母乳の出が悪く、授乳に1時間位かかることもありました。
 それでも、娘には母乳で育って欲しいと思い、乳房のマッサージや、鉄分などの栄養補助食品を摂取してみたりしましたが、状況は改善しませんでした。
 それどころか、長時間授乳していたせいで、乳首が荒れてきて、ついにはひび割れのような裂傷が生じました。

 乳首が傷ついてからは、授乳の度に激痛が走るようになり、依然として母乳の出が悪かったこともあり、私はついに母乳を娘に与えることを諦めてしまいました。
 その後は、現在に至るまで、完全に粉ミルクで娘に授乳をしています。

 結果として、母乳育児は挫折してしまいましたが、粉ミルクでも娘はすくすくと育ってくれて、ほっとしています。 
 

母乳を増やすために試したことやトラブル、体験談を教えてください。

 私は、長女を母乳で育てようと思い、当初は母乳育児を試みていましたが、実際は母乳の出が悪く、とても苦労しました。
 母乳の出を良くする為に私が行ったことは、とにかく健康的でバランスの取れた食事を第一に心がけました。

 また、周りの親や友人達に相談して、鉄分を摂った方が良いとアドバイスをもらったので、苦手だったレバーを頑張って食べてみたり、ほうれん草を積極的に食べたり、サプリメント等で鉄分を摂取していました。
 食生活も、3食きちんと食べるように徹底しました。

 乳房を自分の手でマッサージすることも挑戦しました。
 育児関係の雑誌等を見て、時間があればできる限りマッサージをしていました。

 他にも、適度な運動をする為、近所を軽く散歩をしたり、ストレスを溜めないように趣味のゲームをしたりと、色々と試してみましたが、結果として、母乳の出が良くなることはありませんでした。

 それどころか、母乳の出が悪いせいで授乳に時間が多くかかっていたせいか、私の乳首は荒れてカサカサになり、ついにはひび割れて裂傷のような傷ができてしまいました。
 こうなると、乳首からは血が出てきましたし、授乳の時だけに限らず、普通に生活しているだけでも乳首に激痛を覚えるようになりました。

 そして、私はついに母乳を娘に与えることを諦めたのです。

 母乳を娘にあげれないことは、正直なところ、残念でならなかったのですが、周囲の親しい人たちから「粉ミルクでも最近はよく出来てるし、十分に育つ」「無理に母乳にこだわる必要は無い」等と励ましやアドバイスをもらい、気持ちが楽になりました。

 それに、私自身が、母乳が出ないことを必要以上に気に病んで、ストレスを溜めてしまうと、娘に育児にも支障が出たでしょうし、私は自分に「この子が健康に育ってくれればそれでいいじゃないか」と言い聞かせて、粉ミルクを与えるようになりました。

 今では、娘はありがたいことに健康に育ってくれて、現在は私が作った離乳食を元気良く完食してくれています。
 これからも、育児で壁にぶつかることはあるでしょうけれども、娘が健やかに育つことを願いながら、プラス思考を心がけて頑張っていきたいと思います。

 

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ