→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


1ヶ月健診の前に乳腺炎になり、結果完全母乳になりました。

母乳育児希望でしたか?実際はいかがでしたか?

母乳育児希望でしたが、でないこともあるのでミルクでもかまわないと思っていました。あまり母乳育児にこだわると、それがストレスになって悪循環になると思ったからです。

一人目の時は出産後の入院中はほぼ出なく、授乳前と授乳後の赤ちゃんの体重が数グラムしか変わっていなく、毎回ミルクを追加していました。退院後も母乳が出ているかわからず毎回ミルクを足していましたが、1ヶ月健診の前に乳腺炎になり、結果完全母乳になりました。

母乳を増やすために試したことやトラブル、体験談を教えてください。

入院時に母乳が足りずミルクも足していたので、退院後はしばらく混合でした。ミルクは夜中作るのが大変で、できれば完全母乳がいいなぁという程度の気持ちで、ストレスを溜めないように母乳を増やすようにしました。

病院ではできるだけ吸わせるようにするとだんだん母乳量が増えると言われたので、赤ちゃんが泣けばとりあえず授乳していました。しかし、入院中に乳首が切れてしまい補助をつけたり、クリームを塗ったりとトラブルがあり退院後も痛い思いが続きましたので、すぐに授乳するのも大変でした。

また、母乳には和食がよいと聞いたので和食中心の食生活を心がけました。好きなチョコなどの甘いものや脂っこいものは乳腺がつまったり、母乳の味が変わったりする為控えるようにと教えてもらっていたので気をつけました。

泣いたらすぐ授乳を試すことと、和食中心の食生活を気をつけることで母乳が増えたのか、追加のミルクの量が少なくなっていきました。しかし、1ヶ月健診の前に乳腺炎になってしまいました。乳腺炎では、胸がカチコチに硬くなり発熱がありました。

カチコチになった胸を冷やしたり自分で搾乳したりしたのですが、痛くて自分ではできず、結局病院で診てもらいマッサージと搾乳もしてもらいました。診てもらった結果は、母乳がちゃんと出ているのにミルクを足しているので赤ちゃんが飲み残した母乳が詰まったのではないかとのことでした。

それを防ぐ為にミルクはやめて完全母乳に移行するようにとなりました。多少授乳回数が多くなっても、赤ちゃんにしっかり母乳を飲んでもらいミルクは足さないようにしました。

母乳が足りているかはおしっこの量などで判断でき、ミルクを足さなくても母乳だけで足りるようになりました。乳腺炎になったことは痛くて大変でしたが、結果的に完全母乳に切り替えるきっかけになりよかったです。母乳育児になってからは、夜中に起きてもすぐに授乳でき、だいぶ楽になりました。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ