→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


2人目で完全母乳で、チーズお餅で乳腺炎になりました

母乳育児希望でしたか?実際はいかがでしたか?

母乳育児を希望していました。1人目の子の時は、最初はずっと母乳だけでやっていたのですが、半年ぐらいになって子供の体重が増えないことから、母乳を完全にやめるように定期健診の時に病院の先生から言われました。
そして、母乳をやめたのですが、結局体重は増えませんでした。2人目は完全母乳で育てました。その経験から、1人目の時は母乳の出が悪くはなかったのではないかと思っています。あの時、やめずに続けていればよかったと後悔しています。

母乳を増やすために試したことやトラブル、体験談を教えてください。

1人目の時には、どうしても完全母乳で育てたくてお餅などを積極的に食べていました。それから、おっぱいマッサージをよくやっていました。
1人目の時には、どのぐらい飲んでいるのかが気になって、病院で使っているような体重計をレンタルして計っていました。母乳育児をするにあたって不安なのは、母乳が足りているかどうかということです。結局、1人目の時は体重が増えないので、母乳が足りないということになり、ミルクにするように言われました。でも、母乳だけで育った子は哺乳瓶を受け付けてくれません。人工的な感じがするからでしょうか。ミルクに切り替えるように言われても、なかなかうまくできませんでした。

この時、おっぱいマッサージをしてくれる助産院のようなところへ行っていればよかったと思っています。そうすれば、母乳が本当に足りなかったのか、それとも子供の体質で小さいのかがはっきりしたと思います。

2人目の時には完全母乳で、出が良すぎたぐらいでした。ここで、1人目の子の時のようにお餅やチーズなどを食べる生活をしていると乳腺が詰まって何度も乳腺炎になりました。おっぱいがカチカチになって熱を持ってきます。痛いし、どうしていいかわかりませんでした。

そこで見つけたのがおっぱいマッサージをしてくれる助産院です。ここで、乳腺の詰まりをとって、カチカチになったおっぱいをほぐしてもらうと、すーっと楽になりました。また、おっぱいの出がいい人は、おっぱいが動くだけで母乳を作ってしまうので気をつけるようにも言われました。

出が良すぎると、夜も間隔が開くとおっぱいがパンパンに張ってきます。ですので、子供が欲しがらなくても夜中におっぱいをあげていました。こうしないとまた詰まって乳腺炎になりそうだったからです。

卒乳するまで3回乳腺炎になりましたが、すべて同じほうでした。どうやら飲ませる時に癖があるようです。ですので、助産院からは飲ませる順番をいつも変えるように言われました。そうすることで、いつも片方だけ飲み残してしまうことがなくなるからだそうです。
母乳のことは母乳のプロにお任せしたほうがうまくいきます。1人目の時は、よくわからないので、そういうところを近くで見つけて相談するといいと思います。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ