→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


マッサージが乳腺炎のような痛みで産後1ヶ月苦しい日々が続きました

母乳育児希望でしたか?実際はいかがでしたか?

特に母乳で育てないと、という考えはありませんでしたが、かかりつけの病院は母乳育児を推薦しており、入院中も母乳で育てるように、という雰囲気があったので自然とそのように育てるのが良いんだな、と思うようになっていました。

実際、退院して実家で育児を開始すると、母乳があまり出ず、子供もお乳を吸うのがへたっぴだったので思うように母乳を与えることができませんでした。

しかたなく、最初の3ヶ月は粉ミルクでの育児になりました。しかし、保育士さんの訪問時にその事を言うと、お乳を調べてくれて、充分な量のお乳がちゃんと出ているので母乳に再チャレンジしてみてはどうか、と言われたのです。

どうかな、と不安に思いつつチャレンジしてみると、子供も3ヶ月の内にお乳をするのが上手になっていてちゃんと吸ってくれました。

それから母乳をメインに切り替え、不足分を粉ミルクにする混合で最後まで育児しました。

母乳を増やすために試したことやトラブル、体験談を教えてください。

私の場合、最初の1ヶ月は思うように母乳が出なかったので、乳腺炎の予防も兼ねて、胸のマッサージは欠かさず毎日していました。
マッサージで胸をほぐせば血行が良くなり、結果母乳も出やすくなるというふうに病院の妊婦講座で教わっていたからです。

確かに乳房の張りによる痛みの緩和や、母乳の出は良くなったように思いました。

しかし、最初はマッサージをしていても乳腺炎のような激しい胸の痛みに苦しむ日々が続きました。

子供がうまくお乳を吸えなかったので、触れるだけでも痛みが走る乳房を泣きそうになりながら手で揉んで、母乳を絞り出したりしていました。

乳房の張りは母乳を出すしか方法がないと聞いていたので、かなり苦行のような期間でした。

初めの3ヶ月は母乳の出の悪さと、子供の飲み方の悪さを理由に粉ミルクを与えていたため、直接吸われることがなく、乳房の急な張りや痛みも落ち着き、乳腺炎にまで悪化することはありませんでしたが、不安でした。

また、良い母乳が出るように、と食事は刺激物は避けて、ほうれん草や牛乳など、不足しがちとされる栄養のあるものを食べるようにしていました。

自分があまり普段取らなかった食材を使ったり、調理して食べるのは、なかなかしんどかたったように思います。

実際に効果があったのかはわかりませんが、気休めでも良いから質の良い母乳が出るようにと意識していました。

あとは、無理をせずに生活し、寝れるときにちゃんと寝るようにしていました。

睡眠不足やストレスは母乳に良くない、と参考にしていた本に書いてあったので、時間を見つけては寝ていました。

母乳が出るようになってからは、積極的に子供にお乳を吸ってもらうようにしていました。
母乳は吸ってもらえば、さらによく出るようになると聞いていたからです。

結果はその通りで、初めの頃とは見違えるほど母乳が出るようになり、その分、自分自身が水分不足にならないよう、お茶や牛乳など飲みものをたくさん飲んでいました。

母乳が安定したことで、育児への不安もかなり軽減され、子供にも自分にも良い結果になったように思います。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ