→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


陥没乳首で吸う力がなく母乳育児は断念しました。

母乳育児希望でしたか?実際はいかがでしたか?

母乳で育てたかったのですが、陥没乳首のうえに、 子供が小さく生まれ、吸う力がなく母乳育児は断念しました。

母乳を増やすために試したことやトラブル、体験談を教えてください。

妊娠中の母親教室で、この乳首は難しいかもと言われ、
出産まもなく母乳をあげる時にもかなり苦労しました。

乳頭保護器なども使ってみたのですが、やはり吸ってもらわないと乳も張らなくて全然母乳が出なくて苦労しました。混合にしたら、ようやく体重も増え、2360グラムで産まれたのに、1ヶ月健診では3700グラムになっていました。毎回ミルクの量を計っていたので、知らないうちに母乳も出ていたのかもしれません。

しかし、やはり母乳のみで育てたかったです。

主人の妹が出産したときに、粉ミルクに頼らず、母乳だけで育てているのを見て羨ましいと同時に、家族や親戚が、粉ミルクに頼らない妹を誉めていたので、自分が情けない思いをしたことは十数年経ってもわすれられないです。

自分も、少しでも母乳を飲んでほしいと思いマッサージや、陥没乳首を治すようにしてみたのですが、体質なのか思った通りにいかず、ガッカリしました。

義母や親戚の言葉が胸にいたく刺さり、母親失格なのかと落ち込む日々が続きました。

しかし、混合でも子供は大きな病気もせずに、成人を迎え、あの時あんなに悩んだことが今では馬鹿らしく思います。どんなに頑張っても無理なことはあるのに、回りの目ばかり気にしてしまい、育児にも自信を失っていました。人は人自分は自分と割りきらないと、子育ては上手くいかないと思います。

そして、回りの人も安易に母乳が出るのが当たり前とかやはり子供は母乳で育てないといけないとか、簡単に口に出さないでほしいと思います。

母親ならば、心のどこかでは母乳だけで育てたいという気持ちがあるはずだし。

母乳が出にくい人のために粉ミルクが売られているのだから、自分の子育ては回りの意見に振り回されずに母乳だけでも混合でも自信を持ちながらやるしかないと思いました。

母乳が出ないことで悲観的にならず、愛情は気持ち次第と、堂々としていればよかったと今では後悔していますが何よりも元気に育ってくれたことが嬉しいです。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ