→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


双子の母乳育児は諦め、搾乳して哺乳瓶であげてました

母乳育児希望でしたか?実際はいかがでしたか?

母乳育児希望で、1人目は完全母乳で育てましたが、2回目の妊娠が双子だった為、双子の母乳育児は諦めました。
出産後に病院で双子に母乳を飲ませる練習もしましたが、ただでさえ新生児に母乳を飲ませるのは時間がかかって大変なのに、2人に母乳をあげるのは時間的にも体力的にも無理でした。

それでも母乳をのませてあげたい気持ちはあったので、搾乳機で搾乳した母乳を飲ませてあげていました。
私は搾乳する事に時間を費やし、父親が哺乳瓶で母乳を与えてくれていました。

搾乳機で搾乳していたとはいえ、赤ちゃんが吸う程の力ではないので、自然と母乳の量が減って行き2ヶ月ほどで母乳は出なくなってしまい、その後は完全ミルクで育てました。
結果、完全母乳で育てた1人目よりも、ミルクで育てた双子のほうが大きく育ちました。

母乳だと母親の体調や授乳期間によって含まれる栄養素が変わりますが、ミルクは常に安定した栄養が与えられるのからでしょうか?

母乳を増やすために試したことやトラブル、体験談を教えてください。

母乳で育てられるか否かは、出産直後からの努力次第だと聞き、母乳の出が悪いおっぱいを一生懸命もみほぐしていました。
病院の助産師さんに、人間はブラジャーなんか着けて胸をしめつけているからいけないと言われました。動物の様に動く度に胸が揺れていれば母乳は出やすいとのことでした。
肋骨から胸を剥がす様にマッサージするのがポイントだそうです。

後はやはり乳腺が開通しないと母乳は出てきません。赤ちゃんに吸ってもらうのが一番ですが、産まれたばかりの赤ちゃんは吸う力がまだ弱いので母乳が出るくらい自分で乳首を強く摘んで絞り出すしかありません。
乳首が痛いし無理な体勢で疲れる作業ですが、めげずに何度も繰り返し続ける事が大切だと思います。
特に入院中はいつでも助産師さんに相談する事が出来る環境にあるので、この間に出来るだけ沢山母乳が出せるよう努力をすべきだと思います。

初産の時は乳首の皮膚が弱いので、赤ちゃんに強く吸われたり、歯が生えてきた時に噛まれたりして傷が付くことが多かったです。
傷がついてしまうと、痛くて赤ちゃんに吸われるのがとても辛いです。

痛くて母乳があげられず、一時的にミルクにかえて母乳は自分で絞り出して捨てていましたが、手で絞るだけては母乳を搾り出しきれず胸がパンパンに張って熱を帯びてしまった事があります。
胸全体が赤くなり、固くて腕が当たるだけでも痛いので眠る事も出来ませんでした。
その時は病院の乳腺外来を受診して、溜まった母乳を全て搾り出してもらいとりあえず痛みなどはなくなりました。

その後は直ぐに搾乳機を購入して、乳首の傷が癒えるまでは搾乳機で胸が柔らかくなるまでしっかり搾乳するように気をつけました。
搾乳機使う事で、ミルクではなく母乳を赤ちゃんに与える事が出来るようになった事も良かったです。

乳首の傷を酷くしないように、少しでも痛みを感じたら、ニップルを付けて母乳を与えるようにもしました。
ニップルでカバーすることで、赤ちゃんの歯が直接乳首に当たることがないので傷を悪化させる心配が無くなりました。

半年もすると、赤ちゃんもおっぱいを飲むのが上手になってきますし、乳首の皮膚も強くなってくるのでニップルや搾乳機を使う機会は減っていきました。
ただ、赤ちゃんの歯がどんどん生えてくるので、赤ちゃんがふざけて噛んでくることがあります。噛まれた時はしっかり怒って、赤ちゃんに噛んではいけないことをしっかり伝えていくべきだと思います。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ