→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


生後3ヵ月で完全ミルクになり、母乳をやめました。

母乳育児希望でしたか?実際はいかがでしたか?

母乳育児希望でした。1人目の時は母乳で頑張っていましたが、母乳だとすぐ起きてしまうので、ミルクを足すようになりました。

生後3ヵ月で完全ミルクになり、母乳をやめました。長く寝るようにはなりました。しかし、夜中のミルク作り、哺乳瓶などの洗い物が眠たくて大変でした。

出掛けるときも、荷物が多いので時に買い物の時は大変でした。

2人目の時は、完全母乳にしようと決めていました。
10ヵ月まで完全母乳でした。

完全母乳のいい所は、いつでもどこでも授乳できることです。

他にも、出掛ける時に荷物が少なく楽なことと、1番は夜中の授乳がとても楽でした。ミルクを作りに起きなくてもいいこと、飲ませて自分もすぐに眠れるのでミルクのときより睡眠が取れてました。

母乳だと赤ちゃんが泣いてもすぐ飲ませられるので、家族みんなで寝ていても、家族を起こすことなく授乳が出来ていました。

母乳を増やすために試したことやトラブル、体験談を教えてください。

出産後は母乳を出やすくするために、病院でマッサージをしてもらいました。

その後も母乳が出やすくなるまで、乳腺のマッサージを自分でしていました。

それから気をつけていたのは、甘いものは控えていました。本当に食べたい時は一日置きにしていました。

昔はお餅を食べると母乳が出やすくなると言っていたようですが、今は逆のようなのでお餅もあまり食べませんでした。

コーヒー、緑茶などカフェインも控えていました。

ノンカフェインのルイボスティーをホットで飲んでいました。なるべく温かい飲み物で身体を暖めていました。

食べ物、飲み物はこの他気にしていません。
ストレスが1番いけないと思っていたので、なるべく食べたい物、飲みたい物を飲んでいました。

出産後のダイエットは気にせず、赤ちゃんへの栄養を考えしっかり食事は取っていました。
母乳は血液なので、レバーなども食べていました。

授乳後、張りがある時は我慢しないで搾乳をしていました。赤ちゃんが飲めば飲むほど、母乳は作られると聞いていたので、張ったら搾乳の繰り返しでした。

失敗したことは、夜中の授乳で添い乳は楽だよと聞いていたので試したのですが、シーツもパジャマも汚してしまい私には向いていませんでした。

膝抱っこで飲ませていると、赤ちゃんも片方のおっぱいで寝てしまうことがあるので、私は5分で反対のおっぱいに交代すると決めていました。反対も5分で足りないかなと思ってたら、また反対にします。そうして、片方だけ張ることを避け、両方の母乳がバランスよく出るようにしていました。

この時間の方法はとてもよかったです。片方だけ張って痛い思いもしませんでした。両方バランスよく母乳が出ていたと思います。

両方のバランスが取れていると、搾乳の負担もなくストレスもありません。同じ時間飲ませているので、次の授乳のタイミングまで両方のおっぱいの張りも同じ感覚できます。

その繰り返しで母乳が多く作られると思います。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ