→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


片方のおっぱいが熱を持ち激痛で乳腺炎に。マッサージと解熱剤で楽になりました

母乳育児希望でしたか?実際はいかがでしたか?

最初は混合育児希望でした。

いざ実際母乳をあげ始めると、完全母乳のが楽なのでは…と思いました。

ただでさえ子供を抱いていて大きな荷物を持つのが嫌なのに、さらに外出時の荷物が多くなることが嫌でした。

それでも夜寝る前にはミルクを飲ませた方がよく寝ると聞いていたので、ミルクをあげていました。

夜中の授乳もミルクと考えていたのですが、自分が寝ぼけながらミルクを作るのは大変だったので、途中から母乳に変更しました。

それから完全母乳の方が楽だなと思い、母乳育児になりました。

母乳を増やすために試したことやトラブル、体験談を教えてください。

私は母乳の出がとても良かったので、母乳を増やすために試したことなどは特にありませんでした。

食生活も脂っこいものや甘い物をあまり取らない方が良いと聞いていたのですが、普通の生活をしていて食べたいときに好きなようにしていました。

母乳をあげていて、子供が2カ月くらいになったときにだんだんと片方の乳房が痛くなってきました。

最初は母乳を作るための痛みなどと考えていましたが、急に激痛になりました。

そういえば飲ませやすい方ばかり母乳をあげているな。と思い痛む方の母乳を飲ませました。

飲ませるのも激痛が走り、これは乳腺炎ではないかと思い痛むところが詰まっているのだろうと勝手な判断で揉みほぐしました。

その後急な高熱が出て歩くのもやっとになり、薬も飲めず頭はガンガンしてくるし片方の乳房だけかなりの熱を持っていました。

病院にひとまず電話をいれましたが、緊急ではないので朝に来るようにと言われ朝まで痛みと戦いながら母乳をあげていました。

病院に行き助産師さんにマッサージをしていただいたのですが、詰まっている場合膿が出てきたり色が変わっていたりするらしいのですが、そんなこともありませんでした。

ただ私の場合は乳腺が途中で炎症を起こしてしまっていただけだったようです。

詰まっていたと思って、その部分だけほぐしていたのもあまり良くなかったそうです。

一応念のために全体的にほぐしていただき、解熱剤をもらい帰宅しました。

とにかく両方均等に飲ませないと私の場合は母乳の出る量も多かったというのもあり、乳腺炎になりやすいようでした。

解熱剤で一時的に痛みなどは取れましたが、治るまでは母乳を飲ませるたびに痛みました。

しかし、今度は無意識に乳腺炎の方ばかりあげていたようでだんだんと片方は母乳があまり出なくなってしまいました。

そうなると片方はパンパンになりますが、もう一方は母乳が溜まらないので乳房の大きさが左右で変わりました。

母乳をあげないとその分、母乳を作ることもなくなるのだなと思いました。

その後特に大きなトラブルなどはなく最終的には完全母乳育児に変わっていました。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ