→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


生後2週間で赤ちゃんが突然おっぱいを嫌うようになりました

母乳育児希望でしたか?実際はいかがでしたか?

母乳育児が希望でした。
しかし実際は、こどもが生後2週間頃に突然おっぱいが嫌いになってしまい、あげようとしても体全体でのけぞり、おっぱいをくわえてくれなくなりました。
ただ、夜中の授乳時だけはおっぱいを吸ってくれたため、6ヶ月頃まで混合を続けることができました。

母乳から免疫をもらえるのは、6ヶ月までとよく雑誌やネットに書いてあったので、6ヶ月を過ぎてからは母乳をやめ、ミルクだけで育児をすることにしました。
ミルクをやめて離乳食だけになったのは11カ月頃でした。

母乳を増やすために試したことやトラブル、体験談を教えてください。

赤ちゃんが生まれたら、勝手に母乳がでて、誰もが母乳で育てられるものだと思っていました。
しかし、実際はそんな簡単なことではありませんでした。

私のこどもの場合、吸う力がとても弱く、またとても疲れるのか母乳をほしがってあげても、すぐに寝てしまっていました。
産婦人科に入院中の時は、授乳する前に体重を測って、授乳後にまた体重を測り、どれぐらい増えたのかを確認する作業がありました。
しかし、すぐに寝てしまう我が子を一生懸命起こしながら飲ませても、いざ体重を測ると増えているどころか減っていました。

この頃から母乳育児に不安が出てきました。それでも、母乳が欲しがる時にはあげ、張ったら搾乳もし、母乳が出やすいように汁物やタンポポ茶をよく飲んでいました。
それでも、母乳だけでは満足しないのかよく泣き、嫌々ミルクを作ってあげていました。

そして、生後2週間ほどたった時、こどもが突然おっぱいを嫌うようになりました。あげようとしても嫌だと体をのけぞり、完全に拒否をしました。
でも、ミルクだと何事もなかったかのように飲むのです。

私はショックで、涙が出ました。それでも母乳をあげないと免疫がつかないとか、完全母乳はあたりまえでしょという世間の考え方にとらわれ、無理矢理でもおっぱいをくわえさせあげる努力をしていました。
しかし結局、心身ともに疲れはて、育児を楽しむどころか育児ノイローゼになってしまい、毎日泣き、旦那にあたっていました。

やがて、ママ友が出来き、遊ぶようになったのですが、皆、完全母乳で、一緒に授乳するときも私だけ哺乳瓶とお湯を取り出してミルクを作るのが本当に恥ずかしくてたまりませんでした。また、初対面の人たちに「完母?」と聞かれて、「いえ、混合なんです。」と伝えるのも辛かったです。

しかし、そんな私を救ってくれたのは、母親学級で新しく知り合ったママ友さんでした。
何人かで一緒にランチに行くことがあったのですが、そのママ友さんのこどもがグズりだし、授乳しようとした時です。当たり前かのように哺乳瓶とお湯を取り出して、ミルクを作り出したのです。
私はあっけにとられてしまい、「ミルクなんですか?」と思わず聞いていました。

すると、そのママ友さんは、「母乳なんてでないでない。一ヶ月ぐらいでやめたよ。」と言ってくれました。
その言葉で、私の肩の荷がおり、母乳にこだわらなくていいんだ!と思いました。
それからは、混合で、母乳の免疫がなくなると聞いていた6ヶ月過ぎには母乳をきっぱりやめました。
あんなにも悩んでいた私に、そんなに悩まなくていいよと言ってあげたいです。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ