→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


2人目は夜の母乳も嫌がるようになり困りました。(ミルク育児)

母乳育児希望でしたか?実際はいかがでしたか?

金銭面、栄養面等などから私は完全母乳を希望していました。新生児の頃は母乳のみで足りていたようですが成長とともに飲む量も増え足りてないのか昼間に1回、寝る前はミルクという形に変わっていきました。

1人目がほぼ母乳のみでしたので2人目も勝手に母乳で育てるつもりでいました。しかし2人目は夜の母乳も嫌がるようになり困りました。

ミルクの場合他の人に飲ませてもらえるという利点はありますが、毎回の哺乳瓶の煮沸やミルクの消費量も増えていき離乳食をきちんと食べてくれるようになるまでは大変でした。

母乳を増やすために試したことやトラブル、体験談を教えてください。

私は母乳を増やす為に正しいかは不明でしたが牛乳をたくさん飲んだり甘い物を気にせず食べたり野菜を多く取り入れたりしました。

あとは産婦人科から教えてもらったおっぱいマッサージなどは1日1回以上はしていました。

甘い物を食べる反面、乳腺炎にならないかなど心配はありましたが、育児のストレスプラス食事のストレスは感じたくなかったので気にせず食べたいものを食べたい時に食べていました。

結果としては、二度出産して子供を育てていますが乳腺炎になった事はありません。

1人目の時は、牛乳をたくさん飲んだり甘いものを食べた後は胸は張って母乳が勢いよく出ていたように記憶しています。
夜も寝てる際に母乳パットから染みてきて目がさめるという事も度々ありました。

またうつ伏せで寝ると胸が痛いので1人目の時はうつ伏せでは寝れなかったです。

しかし2人目の際は食べた後も変わらず、母乳パットすらいらないんではないかというくらい出が悪かったです。

何が1人目と2人目で違うのかと色々考えたりもしましたが、出ないものは仕方ないと割り切り特に食生活の見直しや産婦人科への相談はしなかったです。

おっぱいのトラブルとしてはもう1点。
左右交互に同じ時間だけ吸わせていたつもりでしたが、母乳をやめてみると左右の大きさにばらつきがありショックをうけた事を覚えています。

また3人目を妊娠して母乳をあげる事になった場合左右の同じ大きさに戻す事は可能なのか気になるところです。

最後に周りの友人は何人も乳腺炎になった人がいます。
きちんと毎日和食メニューにこだわったり特に甘いものは食べてなかったりと乳腺炎になるような事をしてない人達です。

なのできちんと守っていてもなる人はなるんだなと思い、私はあまり良くないと言われているお餅なども食べていました。

乳腺炎は高熱も出てきついと聞くので3人目育てるという機会がくればまずは産婦人科に2人目母乳の出が悪かった事を相談し、何がいけなかったかを理解して育てたいと思います。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ