→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


赤ちゃんが上手く吸えないので乳首が切れて流血しました

母乳育児希望でしたか?実際はいかがでしたか?

出産後は母乳育児を希望しましたが、産院はそこまで完全母乳にこだわらず体重を増やすためにはミルクも足しましょう、というスタンスでした。そのせいかあまり母乳を与える回数も多くなく(今思えば初めから母乳がたくさん出る人はほとんどいないのですが)、初めは全然母乳が出ず悩みました。

大らかな助産師さんに助けられて退院時には多少出るようになりましたが、赤ちゃんが母乳を飲んで満足して寝る、ということがなく不安なままでした。

母乳を増やすために試したことやトラブル、体験談を教えてください。

産院ではあまり母乳についての指導はなかったので、インターネットで母乳を出すためにどうしたらいいか調べた結果、頻回授乳が一番いいと思い、とにかく赤ちゃんの口に乳首をくわえさせるようにしました。
退院後はそれこそ裸族のように一日中おっぱい丸出しで授乳していました。

あまりに頻回に授乳しすぎたこともあり、すぐに乳首が痛くなりました。
赤ちゃんも上手く吸えないので乳首が切れて流血しました。赤ちゃんが口にしても大丈夫だという薬を塗って耐えましたが、気休め程度にしかならずすごく辛かったです。

産後の睡眠不足や食欲不振も重なって、母乳しかあげちゃいけない、という強迫観念が強くなってきました。
今思えばそんなことはなく、上手くミルクもあげて体を休ませた方が母乳の出にも良いのに、一回でもミルクをあげたらもう母乳は出なくなるんじゃないか、というくらい思い詰めてしまいました。

みかねた母が少し散歩でもして外の空気を吸ってくるように勧めてくれました。産院を退院した後、体の痛みもありずっと家の中に引きこもっていたのでいい気分転換になり、それをきっかけに少し肩の力が抜けたような気がします。

その後、頻回授乳が効果を表してきたのかミルクの量も徐々に減っていきました。結果、一ヶ月健診で赤ちゃんの体重が順調に増えていることがわかり完全母乳になりました。完全母乳になってからも授乳間隔が空くと胸が張りすぎたり、油断すると乳首が切れたりトラブルは繰り返しましたが何とか授乳期間を乗り越えることができました。

今思い返しても退院直後からの2~3週間が体力的にも精神的にもとても辛かったです。母乳相談室があることや頼めば市の新生児訪問の時期を早めてもらえることなど、後になって頼る先がいくつもあったことを知りました。あの時期にもう少し力を抜いても大丈夫だよ、という第三者のアドバイスがもらえたらもっと赤ちゃんとの生活を楽しめたのになと思います。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ