→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


高齢出産でフラフラで母乳マッサージをするのも大変でした

母乳育児希望でしたか?実際はいかがでしたか?

正直な話、出産の恐怖ばかりで母乳で育てるとか、育てないとかどうでもよかったです。ただただ分娩が怖くて、そればかり考えていました。

もともと子供嫌いで子供を産む事も結婚する事すらないだろうと思っていた独女の私が、結婚して子供を産むことになった事がもうすでに異常事態で、ただただ恐怖との戦いを大好きな旦那に支えて貰っていました。

なんとか出産する事が出来ましたが、高齢出産だった為にそれだけで満身創痍でした。

なのでそのあと病院の指示で母乳を搾り取らなきゃいけないと知った時は、愕然としたものです。
今思うと、満身創痍で病院の言いなりで動いていただけのような気がします。

母乳を増やすために試したことやトラブル、体験談を教えてください。

私的には高齢出産なので子どもを産んだだけで、褒めて欲しい感はありました。
なにしろ、若い初産婦に比べてやはり高齢出産の私の体力消耗振りは、誰が見ても一目瞭然だったからです。

若い人は出産した次の日から、自分でシャワー室に行って体を洗って出てくるくらいの体力があったのですが、高齢出産の私は次の日歩いていたら、どんどんフラフラになり結局途中で車イスに載せて貰わらないと動けないようになったのです。

しかし高齢出産を頻繁に経験している看護師には、それはたいしたことでは無くて、たとえ高齢出産した人がヘロヘロでも若い初産婦と同じ扱いなのです。

本当に辛く、しんどかったにも関わらず、母乳は否が応でも搾り取られました。

3時間おきに母乳をしぼる部屋に、どんなに眠くて行かせられて、痛みを我慢しながら乳房をギュッと握りしめなければいけない、まるで拷問のような日々が続きました。
それでも赤ちゃんの事を思って必死でしたが、とうとうそのストレスで出なくなってきました。しかし出ない事は許されません。

なので、病院がとった行動は「マッサージ」という激痛の拷問。本当に痛くて、マッサージ師の人が気さくに話してくれなければ、本当に拷問だけで訴えていたでしょう。このマッサージにより、張りのあったおっぱいは、まるで餅のように柔らかくなり、母乳も出るようになりました。しかし、やっぱり高齢出産。体力がついて行きません。

というのも母乳を搾り取るごとに、まさに血液を絞り出したようにフラフラになるのです。
どんなに食べても追いつかないのです。

病院ではカロリーのある食事が沢山出てきて食べまくるのですが、全く足りないのです。

なのでそのうち疲れ切って、母乳が出なくなりつつありましたが、とにかく病院に居るうちだけでも頑張ろうと、必死に母乳を絞りました。

本当に泣きたくなるくらいの、我慢の毎日でした。そして、色々ネットで調べて赤ちゃんの最初の一か月は母乳が大切と書かれていたので、なんとか一か月自宅に帰っても必死に母乳を搾り取りました。

しかし、一か月が限界でした。それ以降はもう耐えられなかったので、見る事併用する事にして、妥協しました。ミルクにしてからは、本当に子供が可愛く思えて気持ちが楽になりました。
なのでもし母乳がしんどい人がいたら、無理しないでくださいと言いたいです。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ