→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


高カロリーな食事の後はしこりができキャベツ湿布で痛みをとりました

母乳育児希望でしたか?実際はいかがでしたか?

母乳育児希望でした。完全母乳が当然と思っており、出産準備では、哺乳瓶を用意していませんでした。

子どもが小さく産まれたこと、女の子で吸う力が弱かったこともあり、退院直後から哺乳瓶が必要ですぐに買いに行きました。

母乳は出ないわけではなかったのですが、なかなか上手におっぱいを吸えない娘は母乳だけでは体重が全然増えず、ミルクを足さずにはいられない状態でした。

2週間後検診、1ヶ月検診と体重を測るたびにミルクを与えないといけない現実に涙していました。

2. 母乳を増やすために試したことやトラブル、体験談を教えてください。

母乳を増やすためにしたことは、娘がよく眠る子で起こさないと起きない子であったため、かわいそうと思いながらも無理やり起こして3時間ごとに授乳しました。

それでも眠たいのかなかなか吸い付いてくれず、ほとんど飲んでいないんじゃないかという状態で、授乳を終え、その後搾乳して哺乳瓶に母乳を保存しました。

次に起きた時にはまず哺乳瓶で授乳をし、その後またおっぱいを吸わせるという作業を繰り返しました。
全然自分は寝る時間がなく、辛い毎日でした。

お風呂では、肩甲骨の周りを温めるように言われていたので、肩甲骨を回したり、お風呂に少しでも浸かって体を温めるように気をつけました。

食事はご飯とお味噌汁が基本で、お菓子や果物、パン類は控えました。冷たい飲み物も控え、温かい飲み物を飲むように気をつけていました。

助市がやっている育児相談の日に産師さんの母乳マッサージを受けたり、産婦人科でやっている母乳マッサージを受けたり、と2週間に一度くらいの間隔で、母乳マッサージは受けました。

それでもたまに甘いものを食べてしまったり、高カロリーな食事を取ってしまった時には、すぐにしこりができ、痛い思いをしました。

その時はキャベツ湿布をして、お風呂でマッサージをしました。最初のうちは、どうしたらいいかわからず、助産師さんに来てもらい、マッサージを受けました。

だんだん自分で詰まった乳腺を開くことができるようになったので、お風呂で温めて自分でマッサージして痛みが取れるようになりました。

酷い乳腺炎にはならなかったので、良かったですが、やはり乳腺が詰まると痛いですし、早くしこりをどうにかしたいという思いで結構なストレスでした。

3〜4ヶ月かけて、ゆっくりでも完全母乳になる人もいるからと言われ、頑張って色々試しましたが、結局ずっと成長曲線の1番下でした。

なので、ミルクを足さずにはいられない状態が続き、あっという間に離乳食が始まり、母乳より食事の方が良かったのか、11ヶ月で卒乳しました。

それはそれで良かったのかなと、今では懐かしい思い出です。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ