→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


赤ちゃんが飲めず搾乳で母乳をあげていたら量がへり完全ミルクに

母乳育児希望でしたか?実際はいかがでしたか?

母乳育児希望でしたが、飲む角度がうまくいかなくて搾乳にしました。助産師さんからは搾乳だと母乳が減ってくると言われたものの、上手に子供が飲むことができません。

入院中は麻酔の後遺症で激しい頭痛もして大変でした。そのため、搾乳にして、結局は量が減ってきて、混合に。そのあとは3ヶ月ほどしたらぴたっとでなくなってしまい、完全ミルクになりました。

母乳を増やすために試したことやトラブル、体験談を教えてください。

お米がいいというのでごはんの量を増やしました。お餅もいいみたいです。おせんべいなどお米系の食べ物を多くとるといいと言い伝えがあります。また、肩こりがよくないと言われたので、ゆたんぽであたためたり、ぐるぐると腕を回したり。割と肩がこりやすい体質なのでストレッチも頻繁に行いました。

もちろん、水分量には気をつけています。水は毎日2リットル。500mlのペットボトルを買ってきてもらって、入院中も毎日飲みます。入院中にポカリスエットを持参していたのですが、カロリーが高すぎると助産師さんに言われたのでノンカフェインの爽健美茶や麦茶などにして2リットル。ずっと飲んでいました。

ただ、個室だったものの、入院中には助産師さんがヒマがあると入ってきてしゃべっていきます。本当は、もっとゆったり過ごしたかったのですが、アドバイスをしたいのか、何度も部屋に来ます。麻酔の後遺症で頭痛がひどくて立っていられないのに続くので、ちょっとしたストレスを感じていました。

母乳を出すためにオイルマッサージがいいと言われれば試したり、海外のお茶の母乳の出がいいと言われるものを試したりもしました。

結果としては、試したはいいけれどそこまで効果がなかったといったところでしょうか。母乳マッサージも入院中にされたのですが、おっぱいを「つぶされて」「つねられる」感覚で本当に痛い!!そして「痛い!」というと、そのくらいしなくちゃ出ないと言われて、またもや意欲がそがれる結果に……。

母から、家系としてはそこまで母乳の出はよくないんだと聞いています。私の中では「だったら仕方ないね」と思っていたものの、周囲から「母乳じゃないの?」とか「ミルクなの?」と言われると罪悪感があったりします。産後ダイエットもそこまでうまくいかなかったのは、「母乳だと痩せやすいよね」という事実からなのかと悩んだ時期もありました。体質によっても母乳の出は違うといいます。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ