→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


哺乳瓶でミルクを与えるとおっぱいを全く飲まなくなりました

母乳育児希望でしたか?実際はいかがでしたか?

出産したら絶対母乳育児希望でした。
愛情や金銭面でも、母乳の方が良いと思っていたし、普通に母乳で育てられると思い込んでいました。

しかし、実際は出産し、初乳を辛うじて搾り出せた位でした。
退院する頃には母乳は出なくなり、完ミに切り替わっていました。

哺乳瓶でミルクを与えてしまうと、赤ちゃんもその方が楽なのか、出の悪い母乳には見向きもしてくれなくなってしまいました。

母乳育児に力を入れているか、産婦人科医の主義にもよるかもしれません。
初めての出産、初めての産婦人科、下調べもちゃんと出来てなかった気もします。

母乳を増やすために試したことやトラブル、体験談を教えてください。

母乳を出す為に、自分で乳房のマッサージなどをしましたが、産婦人科に入院中は産後の疲れが酷く、きちんと出来ませんでした。

夜、看護師さんの手が空いた時にマッサージしてもらいましたが、痛くて痛くて涙が出ました。
これを家で自分でやるのかと思うと、正直自信など全くありませんでした。

地域で評判の良かった産婦人科を選びましたが、先生は特に母乳育児に力を入れている訳ではなく、出なかったらミルクで、と言われました。
友人は母乳育児に力を入れている産婦人科だったので、吸わせれば出ると、赤ちゃんが泣いても母乳しか与えなかったそうです。

産婦人科での入院中、何故母乳が出ないんだろうと自分を責めてばかりいました。
軽く鬱っぽくなっていたかもしれません。

しかし、数日間赤ちゃんを見ていたら、母乳でもミルクでもどうでもよくなってきました。
何を与えるかではなく、どう与えるかが大切なのかなとも思えてきました。
母乳だから愛情たっぷり、ということでもないし、ミルクだからと引け目を感じることもないと思います。

退院まで、ゆったりした気持ちで、温めながら乳房をマッサージしたりしてみましたが、やっぱり出ないものは出ないと悟ったし、むしろ乳腺炎で痛い思いをしないようにと、マッサージをする意味を切り替えました。

赤ちゃんて、お腹が空けば泣く、お腹がいっぱいになれば寝る。
この単純、且つ、愛おしい動作の繰り返しです。
ママのピリピリや気分の落ち込みなんて、赤ちゃんには関係ありません。

出なくて母乳を止めざるを得なかったけれど、子育てをしていく中で、ママのメンタルや体調が健康なことが一番だと、早目に気付けたことが幸いでした。
詰まった乳腺を泣きながらマッサージしたこと、赤く腫れ上がった乳房を見て、また悲しくなったこと。
振り返れば、良いとは言えないまでも、大切な思い出の1つです。

実母や周りの人達が、母乳じゃないの?と言わないでいてくれたことも良かったのかもしれません。
友人の手土産がミルクと紙おむつ、なんて、素敵な心遣いにも救われました。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ