→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


搾乳機で母乳が増えたが子供が寝るので乳腺炎になりかけました

母乳育児希望でしたか?実際はいかがでしたか?

始めはミルクで育てようと思っていました。しかし、入院したクリニックで母乳の魅力の話を受けて母乳で育てる事にしました。

途中で乳腺炎になり、痛みに堪えながら母乳を与えました。

母乳を増やすために試したことやトラブル、体験談を教えてください。

子どもとの授乳の仕方のソリがなかなか合わなかったので上手に授乳する事が出来ませんでした。その内直ぐに乳首がかなり痛くなりました。乳首が切れてしまったのです。このままでは授乳しても私の血が混じってしまいます。

仕方が無いので搾乳機で絞りました。少しでも絞っておかないとでない様になってしまっては大変だと思っていました。搾乳機で絞ると上手に陰圧をかける事ができたのでその頃から母乳の量が増え始めました。時期にして産後2.3カ月です。

それでも乳首は痛かったので搾乳機で吸い、哺乳瓶で与えていました。産休が明けると直ぐに仕事復帰をしました。たまに子どももぐっすり眠る日がありました。ほんの数回でしたが、夜中に起きずに朝を迎えられた時の喜びは何にも変え難かったです。

しかし、その代償は大きなものでした。お乳がかなり張ってしまっていたのです。毎晩夜中には数回起きて搾乳機でお乳を出していたのが功を奏したのかかなりの母乳の量になっていたのに、子どもが泣かなかったので夜中に起きる事なく翌朝を迎え、お乳がぱんぱんになってしまったのです。

慌てて搾乳しましたが、搾乳し終えてしぼんでも痛みがあるのです。圧痛が酷く、受診すると乳腺炎になりかけていると言われました。しっかりこの部分のお乳を出さなくてはいけないと言われ、わざとその部分を押して搾乳する様に指示がありました。

痛みは強く泣きそうでした。数回した程度では治らずに数日間の搾乳は恐怖の時間でした。最終的には発熱もなく、部分的な乳腺炎だけでしたので大事には至りませんでした。

子どもに上手に授乳が出来ない時期、そのせいでなかなか母乳の量が増えない時、乳首が切れて痛みが半端無かった時、乳腺炎で痛みが強い時期、初めての育児は本当に大変で母乳トラブルも色々ありましたが、二人目の時には嘘のかの様にスムーズに育児が出来ました。

途中で諦めて完全ミルクにならなくて良かったと思っています。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ