→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


扁平乳首とNICUで哺乳瓶を使い直母ができなくなりました

出来れば完全母乳で育児をしたかったのですが、出産直後から子どもがしばらくNICUに入ってしまいその際に哺乳瓶を使ってたこともあってか、直母をいやがるようになりました。

病院にいた際に何度か練習はしたものの結局4ml程度しか飲めず、足りないためそこから混合にしています。

少しずつ飲むことが出来るようになってきており、出来れば母乳のみに移行したいとはとは思っていたのですが、1か月検診や保健師さんの定期訪問でも体重の増え方が、混合でちょうどよく、母乳のみだとたりないためそのまま混合にしています。

母乳を増やすために試したことやトラブル、体験談を教えてください。

扁平乳首だったためなかなか吸えないのか、咥えては離して大泣きすることが多かったです。乳頭保護機をつけて授乳に挑戦したこともあるのですが、吸うもののなかなか飲むことが出来ず、途中で寝てしまうことがよくありました。

特に病院で練習していた際は、結局4ml程度しか飲めず…。周りの方が30ml、40ml飲んでいるという声が聞こえてきて、どうしてうちの子は飲んでくれないんだろうと悲しくなり落ち込むことが多かったです。

不安から助産師さんにアドバイスを求めると、「毎回必ず吸わせること(なるべく深く)、乳首のマッサージを飲ませる前にするといい」と教えていただきました。それ以来、授乳の際は、乳首の周りをぐっと押し、マッサージをするようになりました。

退院してからも助産師さんお教えを守りマッサージをして、母乳を吸わせてからミルクをあげていたのですが、体重を好きに図ることが出来ない分、増えているかがとても不安でした。

しかし、市の保健師さんの定期検診で母乳を飲む前後で体重を図ってもらったところ60ml飲むことができていました。(それでも足りないのですが)

毎回咥えさせているうちに、子どももコツをつかんで飲むことがなっており、出なくても咥えさせることは大事なんだなと、改めて感じました。

それ以外に、食生活にも気を配りました。なれない育児でヘトヘトになりながらも、栄養はしっかり取らねばとご飯は3食しっかりと食べました。大変な時は、卵かけごはんなど、手抜きをしつつ、余裕があるときは出来るだけ栄養バランスを考えて和食中心で野菜を多くとることを心がけました。また、母乳は血液からできているので、レバーやほうれん草などで鉄分を多くとるように意識しました。また水分も母乳を作る際に必要になるので、1日1ℓ~2ℓを目安に取るように気を付けました。

子どもが産まれる前は、完全母乳にこだわっていました。それでも元気に産まれてきてくれたことがそれだけで奇跡なのだということに改めて気づき、この子が大きくなってくれるなら、混合でも全然いいと思いました。今の粉ミルクの性能は母乳に近くできているので上手に活用していきたいです。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ