→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


母乳の出が悪く、生理再開後完ミになりました

できれば完母で行きたいと思っていましたが、私も初めての育児なのと赤ちゃんもおっぱいを飲むのが上手でなくて、ちょっと疲れて寝てしまったりで授乳がスムーズではありませんでした。

量は普通に作られていたとは思うのですが、飲んでくれないので、搾乳しないと胸がカチカチに硬くなるので、絞りながら切ない日々でした。

だんだん出も悪くなってきて、混合で育てる事になりました。生理が始まってから母乳が美味しくなくなったのか、授乳は食事というよりも精神の安定の為になった感じで、ほとんどc状態になっていました。離乳食も始まっていたので周りより早めの卒乳を迎えてしまいました。

母乳を増やすために試したことやトラブル、体験談を教えてください。

ネットで母乳マッサージを試したり、母乳の良いとされる食べ物を食べました。
完母を目指すなら、一日中おっぱいにぶら下げておけば良いという先輩ママさんからのアドバイスもあったのでなるべく吸わせる作戦は試しましたが、赤ちゃんの方が嫌がって途中で諦めてしまいました。

哺乳ビン吸い口もこだわりがあり、嫌だと飲んでくれず、母乳も少ない量しか飲まないので、焦って毎日半べそかいていた気がします。今から思えば、母乳が思うように与えられないというプレッシャーがストレスになり、さらに授乳がうまくいかないと言う結果になっていたのかもしれません。

吸い口もいろいろ試して、ミルクも飲むメーカーと飲まないメーカーがあったりで、とにかく死なせないようにと必死だった記憶です。

育児相談でも相談して、とにかく水分をたくさん摂るようにと言われました。普段、水分を取る習慣があまりなかったので、1リットル飲むだけでもハードルは高かったですが、1番効果は出た方法だったように思います。

失敗だったと思うのは、乳首が吸われ傷がついた時に保護するクリームをつけて、それを拭かずに授乳をしてしまった事です。ちょっとした事だったのですが、あの時はものすごい嫌がって大泣きしたので、余計に嫌にさせてしまったのかもしれません。

ミルクのメーカーや吸い口などにこだわりがある子は神経質な部分があって、ちょっとした変化にも気がついてしまうという事に早く気がつけば、もうちょっと母乳をあげる事が出来たのかもしれません。

母乳を飲まないというプレッシャーで寝れなくなってしまう事もあって、泣きながらお友達に相談もしましたが、「行きてるから大丈夫!!」と言う言葉が私の不安な心を助けてくれて、重荷から解放されたのを覚えています。

母乳が出ない事は母親失格なんじゃないかとか、プレッシャーとか抱えすぎていたのかもしれません。
どうしたら母乳が出るかをネットで調べすぎてしまったのも悪影響だったなと今なら思えます。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ