→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


チョコレートを食べて乳腺炎になり完ミになりました

母乳育児希望でしたが、生まれて2か月目ころまでは母乳の出があまりよくなかったので、混合にしていました。その後少しずつ母乳の量が増えてきて、4~6か月の間くらいは母乳だけでだいじょうぶでした。

でも、7か月目に乳腺炎になってしまい、食べる量が少なくなってしまったので母乳が出なくなってしまい、最終的にはミルクだけになりました。ミルクだけにする前の一か月間はほとんど母乳は出ていなかったようで、とても強い力で吸われていたのでかなり痛い思いをしました。

母乳を増やすために試したことやトラブル、体験談を教えてください。

母乳を増やすために、とにかくたくさん食べるようにしました。油っこいものはあまりよくないと聞いていましたが、すぐにおなかがすいてしまうので、三食のご飯のほかに、簡単に食べられるチョコレートや菓子パンなどをおやつに食べるようになりました。

妊娠中に、体重制限があったので、チョコレートなどを控えていたので、一度食べるとついおいしく感じてしまい、気にせずに食べるようになってしまい、結局は乳腺炎になってしまいました。

最初は自分が乳腺炎になるとは思っていなかったので、ただの風邪だと思っていたのですが、病院にいくと乳腺炎だといわれ驚きました。そこで、看護師さんから油っこいものは厳禁と言われ、チョコレートなど高カロリーなものばかり食べていたことを反省しました。

乳腺炎になって以降は、低カロリーなものを中心に食べるようにしましたが、低カロリーなものだけではすぐにおなかがすくし、食べるものを全部自分で作るというのも時間もないししんどかったので、結局は、食事以外のおやつはあまり食べなくなり、食事自体も低カロリーにしていたので母乳の出は悪くなりました。

もともと母乳の出があまり良くなかったので、毎日たくさんのごはんを食べても、やはり母乳はどんどん悪くなっていったような気がします。
絶対に母乳育児じゃないとという思いがあったわけではありませんが、できれば母乳で育てたいと思っていたので、母乳が出なくなっていったのはちょっとさみしさを感じました。

でも、子どもにとってみれば、出ない母乳をがんばって吸い続けるよりは、ミルクをあげた方がよかったんじゃないかと今では思います。母親が食べたものが母乳に影響すると言われても、そこまで実感がなかったというか、とにかく母乳を出すために食べないとと思っていたので、母乳の質ということはあまり深く考えていませんでした。今から考えれば、高カロリーなものばかり食べてできた母乳より、量は少なくても子どもにとって質の良い母乳の方がよかったんじゃないかと思います。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ