→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


助産師マッサージを受けても5mlも出ず、完ミになりました

せっかく子どもを産んで母乳育児を希望しない人はそうそういないでしょう。私も母乳育児を希望していました。
しかしほんとにでない!全く出ないのです。初産なら仕方ないのかな,とも思いましたが,2人目もまったくでませんでした。

世の中には搾乳機を使って凍らせてまで保存している人がいる,というのに驚きを感じました。
産院でも哺乳瓶に搾乳してどんどんたまっていく人をみて,自分は5mlもでてこない,1滴2滴しかでない,のは非常につらかったです。

母乳を増やすために試したことやトラブル、体験談を教えてください。

まずは新生児訪問の保健士さん(助産師さん)におっぱいマッサージを頼みました。
(基本は新生児の確認ですが,マッサージを頼めばやってくれる,という方針でした)

保健士さんも初めは「私がマッサージしたら絶対出るようになるから・・!」と意気込んでおられましたが,20分たち,30分たち,変化なし。

お乳が吹き出すなんて兆候も全く現れませんでしたので,さすがに表情も曇ってきて 最後に「無理かもね」とつぶやかれました。

それからあわててミルクセットを買いに走りました。
調乳ポット,粉ミルク,哺乳瓶…もっと前から準備できたけど,母乳は出るものだと思っていたので準備していませんでした。

産後の体調の悪い中,這うように赤ちゃんホンポへ行ったこと,一番つらかったですね。
母乳は出ない,ミルクを作るまで赤ちゃんを泣かせておくしかない,近所迷惑にならないか,虐待を疑われないか
毎回の授乳が苦痛でした。母乳さえ出れば寝かしつけも簡単なのに,でないのでずーーーっとだっこをしての寝かしつけはつらかったです。

里帰り出産で産んだ産院はどちらかと言えばミルクで済むならミルクにすればよいという方針だったのでそれほど母乳が出ないことに対し強制はありませんでした。

でも授乳時間になると一定の時間母乳を絞り出さないといけないので(なんCCか規定の量がたまればOK=搾乳から解放される)
いつも一番最後まで一人搾乳し続けていてさみしかったです。

もちろん探せば,母乳育児に熱心な産院もありましたが,そこはそこで,妊娠中期から「おっぱいをマッサージしてね,吸いとるようにしてね」
と助産師さんがせっつくように指導されて,妊産婦さんも大変そうでした。
(でもそのような産院でも遠くからその助産師さんを信仰して?産みにいらっしゃる方もおられるわけですね。)

退院してからも毎日のように母乳を一定量出すため,その産院に通って指導を受けなければならず,でないと厳しい言葉もかけられたりしている(「本当に毎日マッサージしているの?私の指導通りしているの?」)ようなので,そこはそこで母体や赤ちゃんはしっかり休めるのかな?と疑問に思いました。

そこまでして通って本当に出なかったら どんなにプレッシャーをかけられるのだろうと想像しただけで私はつらいです。

結局完全ミルクになってしまったわが子たちですが,母乳育児の子となんら変化もなく,毎日元気に過ごしています。
母乳育児に悩んでいる方は,無理して出そうと努力しなくても「出ないものはでない」と割り切ってミルクに頼って良いと思います。

また周囲も母乳が一番良い!という信仰を捨てて 接してあげるのが新人ママの精神安定にも世話を受ける赤ちゃんにもよいと思います。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ