→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


鯉こくとふ菓子が母乳を増やすとすすめられ食べました

上の子を出産したとき、出血が止まらず救急車で大きな病院へ運ばれました。一命はとりとめたのですが、生んだばかりの我が子と丸5日離れていました。

6日目に会ったころには、産院でのミルクにすっかり慣れていました。授乳してもまったく出ず、張りさえもかんじませんでした。

でも、母乳育児への憧れが捨てられず、6ヶ月ぐらいまで、出ることを夢見て必ずミルクの前に吸わせていました。しぼってもまったく出ないのに、いま思うとおかしいですが、当時は必死でした。

母乳を増やすために試したことやトラブル、体験談を教えてください。

母から、鯉こくやふ菓子を勧められ食べました。あとは温かいお茶などをよく飲みました。お餅を食べたり、お風呂はきちんと湯船につかるなど。

でもまったく効果はありませんでした。

二人目のときも出産後の母乳は出ずに張り感もなく、退院しました。母乳はでるのですが、飲むほどは出ませんでした。

一ヶ月ほどたって、完全母乳の友達が、母乳マッサージにいっていたと知り、私も調べていってみることにしました。

産後一ヶ月でももう遅いぐらいらしく、マッサージしても効果は出ないかもしれないとマッサージ師さんにいわれました。でも、やらないよりは、と通うことを決めました。

元々、貧乳でしたが、マッサージ師さんがさわってほぐすと、天井まで届くくらい勢いよく母乳が出てきました。

しかし、完全母乳には程遠くミルクを足す日々は続きました。
それでも、マッサージの甲斐があり、母乳を飲ませてあげられたという安堵、充実感でいっぱいになりました。

夢がかなって、とても嬉しかったです。

マッサージは五回ほど通いました。お金の心配と、上の子が夏やすみに入ったことがきっかけです。

マッサージをしてからは、朝張り感で目がさめたり、てが当たっただけで母乳が出たりしました。
完全母乳のほんのひとかじりぐらいしかできませんでしたが、一人目のときの分まで味わうことができたと思います。

マッサージ師さんに退院後すぐにでもうちでマッサージしてたらもっと出てたのに、と言われました。
あなた、一人目のときもうちに来てたらきっと出ていたはずよと言われて嬉しかったです。

産院ではマッサージなどはなく、産めば出るはずだという感じでした。
おかしいですね、、と言われている気さえしました。

とにかく母乳で育てたい一心だったので、同じような気持ちの人がいたらぜひ勧めたいです。

母が完全母乳で三人を育て上げたので、それが当たり前だと思っていました。半分以上はミルクをあげていますが、それでも母乳が出た満足感はいまでも育児の自信に繋がっています。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ