→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


混合から完全母乳育児をするには?

母乳の出が悪かったりして、ミルクと混合で育てていても、完全母乳育児をしたいなと思っているママも多いのではないでしょうか。

一度混合にしてしまったら、完全母乳育児はできないとあきらめずに、もう一度挑戦することはできます。完全母乳育児をするには、母乳の量を増やすことが大切なので、いくつかその方法を見てみましょう。

とにかく吸ってもらうこと

赤ちゃんがおっぱいを吸うと、ママの脳へ、母乳を出しなさいという命令が出て、ホルモンが分泌されます。母乳があまり出ないから、ミルクを足して混合だった場合も、吸ってもらうことでお休みしていた乳腺が開通し、完全母乳育児ができるくらいに、少しずつ増えてくるでしょう。

通常完全母乳育児をしているママも、3時間おきに夜中も授乳していますので、混合から母乳を増やすためには、2時間でも1時間でも間隔を短くしてあげるとよいです。

また、赤ちゃんが母乳は飲まずに哺乳瓶のミルクを飲みたがって混合から進まないのは、哺乳瓶の方が飲みやすいからという理由もあります。吸ってもらう時には、赤ちゃんの口を乳輪まで深くくわえさせていくことにも注意してみてください。

おっぱいマッサージをする

マッサージをすることで、血行が良くなり、もしかしたら固くて舌が滑っていたことで、あまり赤ちゃんが母乳を飲んでいなかった乳首も、伸びて柔らかくなって飲みやすくなると、どんどん飲むようになり、混合から完全母乳育児に自然と近づくことが出来るでしょう。

また、自宅で行うだけではなく、母乳外来などに通っておっぱいマッサージをしてもらうと、悩んでいることを話すことでストレスも減って、体を温めることや、食事についてなど、混合から完全母乳育児にするにはどうしたらよいのかというアドバイスを聞くことが出来ます。

そして何よりマッサージの効果で、それまで出にくかった母乳が噴水のように出始めて、完全母乳育児ができるようになったというママ達もとても多いです。

絶対に完全母乳育児にしなくては!と意気込みすぎず、最初は混合から、うまくいかなくても、焦らずに、赤ちゃんのペースでいくと、意外とよりスムーズに進むかもしれませんよ。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ