→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


食事に気をつけ3か月から混合から完母になりました。

特に母乳にこだわってはいませんでした。
しかし実際には産後すぐには母乳もうまく出ず、子供自身も上手に飲むことが出来ず2ヶ月まで混合でした。

母乳を増やすために試したことやトラブル、体験談を教えてください。

母乳を増やすために試したこと

産後は思うように授乳が出来ないまま退院になってしまい、出産した病院に何度も通い、母乳外来で助産師さんに胸のマッサージをしてもらったことと、近所にあった助産院でもマッサージをしてもらい食事などのアドバイスを頂きました。
マッサージをしてもらうと、それまで開通していなかった乳腺からもぴゅーと出るようになり、胸も柔らかくなり授乳がしやすくなりました。

しかし、子供自身が母乳を吸う力が弱く、乳首も完全に出て来なくて、助産師の勧めで吸い上げる器具を購入して試したりしました。
あと、乳首の穴がが詰まることが多かったので、乳首のトラブルが多くて乳首に薬を塗らなくてはいけない事も何度もあり、
乳首に保護カバーをつけたたまま授乳しなくてはいけない事も何度もありました。

詰まらないように、脂っこい食事、カレーなどは授乳中は全く食べませんでした。
脂っこい物などを食べると、たちまち胸がカチカチになるのがわかったので、断乳までは食事にも気を付けていました。

母乳が出ないわけではなかったので、子供があまり飲まなくて詰まったり、胸が硬くなってしまう事も何度もあり、胸が痛くて辛かったのですが、
成長とともに吸う力もついてきて、3か月から混合から完母になりました。

3か月から完母にはなりましたが、まだまだ吸う力が弱いのか1度に飲む量が少なくて、頻回乳で1日じゅう飲ませているような状態でした。
頻回乳は親も子も寝不足になり辛い状態になります。
断乳するまで、昼寝の時間も夜の睡眠も親子ともに細切れで、私自身体調を崩してしまう事も多く、大変困りました。

母乳でも混合でも完ミ子育てでも、どこでも共通する事は母親の健康です。
母乳の方でも時にはミルクにして、誰かに預けて体を休めることも必要ででしょう。
そうでないと母乳育児も順調にはいかにかもしれません。

混合の方もミルクと母乳のバランスで悩むこともあるでしょう。
完ミの方も混合の方もお母さんが健康でなければ赤ちゃんのお世話はできません。

どんな方法でもトラブルはつきものですが、その時は泣きたくなるほどのことでした。
過ぎてしまえば戻りたくても戻れない、懐かしい思い出です。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ