→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


頭痛薬を飲みながら時間をおいて授乳しました

私は完全母乳希望で実際ほぼ完全母乳です。
ほぼというのは私は頭痛持ちで2週間に一度くらいのペースで薬を飲んでいました。

お医者さんに頼んで母乳でも大丈夫な薬は出していただいていたのですが、不安で薬を飲んだあと6時間は母乳を飲ませずにミルクを飲ませていました。

ただミルクは3時間など時間起きに飲ませてもなかなか飲んでくれず途中から薬を飲む前に搾乳して冷凍しておいてそれを飲ませていました。

なのでほぼ完全母乳です。

母乳を増やすために試したことやトラブル、体験談を教えてください。

最初は飲ませるのに手こずりなかなか加えてくれず全ての飲ませ方を試してはだめで悩みの種でした。

そんなこんなであるひ乳腺炎になってしまいました。病院で絞ってもらうのがものすごく激痛で塊が抜けず家で看護師の母に絞ってもらいました。

どんなに絞ってもらっても塊が抜けないし、激痛で発狂するしかないし発熱してクラクラでもう最悪でした。

うまれてからものすごく飲んでくれる子だったので乳腺炎になるはずがないと思っていたのに、なってしまったことにすごくかなしくなりました。

私の母乳が出すぎるのかな。
私の飲ませる時の抱き心地がわるいのかな。
とりあえず私自身が悪いんだと自分を責めていました。

そのせいもあり私はストレスで、泣き泣き母乳を上げているのを見かねた母がお腹空けば飲むから気にするなと言ってくれその通りにしてみました。

お腹がすいたと泣き始めたので上げるとものすごい勢いでくわえて飲んでくれました。

それからあまりにも時間があかない限り急いで、焦って母乳を飲ませることを辞めて本人が飲みたくなるまで待つようになりました。

そうなったことで、私の気持ちにもゆとりが出来て育児のストレスがだいぶ激減しました。

ただ乳腺炎が起こったところは今でも少し脹ると痛くなったりシコリができて熱を持ってしまうので、その時点ですぐ搾乳をするようにしています。

搾乳するだけではなくお風呂の際自分で軽く絞って置くのも最近は多用しています。

一度なると何度でもなる、乳腺炎になった所はガンになりやすいなど色々な噂をみみにするのでなるべくこまめに搾乳し再発防止に務めています。

今子供は六ヶ月になり自らおっぱいを探して飲んでくれるようになり乳腺炎になるほどはることはなくなりました。

ただ今後仕事復帰、保育園があるので徐々に離乳していくのですがまた乳腺炎になるのではないかと不安です。

仕事になるとこまめに搾乳が出来なくなるので。

なので朝、夜にしっかり搾乳して置くつもりですがまだまだ不安です。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ