→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


出産前にマッサージを習い母乳について学ぶことが大切でした

栄養が豊富で粉ミルクより経済的でお金もかからないと聞いていたし、何より友人達がみんな母乳育児だったので、当たり前のように母乳育児希望していました。

預ける時は母乳を凍らせば長く保存できると知って、絶対に母乳で育てられるだろうと何も不安に思わず妊娠中過ごしてましたが、

実際は産まれた後になかなか母乳をうまく吸えない新生児との戦いと、つくられるぼ 母乳を外に出せず高熱を出してパンパンに張って苦しい思いをしたり、乳首が切れてかさぶたになってを繰り返しての傷だらけで薬を塗る生活が続きました。

母乳を増やすために試したことやトラブル、体験談を教えてください。

はじめ退院後の健診では母乳に問題がなさそうだったので、ミルクをやめてもいいとまで言われたのですが、我が子がなかなか便が出ずにいたことで、一週間以上出ないから1ヶ月健診を待たずに小児科へ出向きました。
そこで、母乳ミルク不足だと指摘されてしまい、かなりショックを受けました。

しかも義母がかなり母乳に関して気にする方だったのでとても嫌悪感がありました。
有名な助産師さんがいるというクリニックへ遠いところへ出向き見てもらいました。

市で訪問してくれる助産師さんや、産院の助産師さんにも相談してはいましたが、皆言うことが口々に違っていて、量は充分!とい言う方もいれは、少し足りないかもと言う方もいてかなり混乱しました。

ミルクを増やせば楽だったのかも知れませんが、その当時はなるべく増やしたくなく、初めての育児なのもあってか意地になっていたように思います。

友人と会えば皆母乳かどうか聞いて来たし、ミルク育児はいけないわけでもないのに勝手に勘違いしていけないことかも知れない、と自分を責める時もありました。

今思うとかなりストレスになっていたと思います。
美味しい食事をとってゆっくり過ごす時間をもう少し待てばもっと母乳によかったのかも知れません。

ネットで探してAMOMAのミルクアップブレンドというハーブティがかなり有名なことも知って、3パックほど飲みました。

水分たくさんとって、身体を冷やさないことはとても大事だったと思います。
そもそも、母乳の出るメカニズムや仕組みを全く勉強しておらず、母親教室で習うそうなのですが参加もしていなかったため、産後の入院中はいっぱいいっぱいで全く理解出来ずにいたことが一番自分は駄目だったかもなぁと思います。

なんでも、色々相談したり聞いたりすればいいのですがなかなか助産師さんにはじめ聞かずに言われるままのお世話しかできなかったので、退院後、失敗の連続の中で母乳が足りていないことでかなりへこみました。

最後4ヶ月頃から要領もつかめてきて、ミルクをやめることができましたが、少し不安な時にミルクを足す日もありました。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ