→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


陥没乳首で直母を嫌がり哺乳瓶で完ミになりました

現在4歳と1歳の子供がおります。

二人とも母乳育児を希望しており、出産時に病院でも指導を受けましたが、私の乳首が陥没乳首だったため、二人とも完ミになってしまいました。

病院に通ったりマッサージしたり努力をし、最初のうちはお乳も出ていましたが、子供が吸うのを泣いて嫌がり吸ってもらえず、そのうちお乳も出なくなってしまいました。

最初は凄く辛くて悲しかったですが、完ミでも元気に育ってくれているので、今では納得しています。

母乳を増やすために試したことやトラブル、体験談を教えてください。

最初は本を見ながらマッサージの勉強して、自分でも母乳が出るように努力してみました。

病院でも看護師の方に、マッサージしてもらいましたが、痛くて痛くて辛いしかありませんでした。

退院して子供と実家に帰ってからも、病院に通ったり、保健師の方に出張で自宅に着ていただきマッサージしてもらいました。

一回につき7000円位かかりましたが、最初はどうしても赤ちゃんに母乳を与えたくて必死でした。

赤ちゃんがおっぱいを吸わないので、ますますお乳は出なくなってしまいました。

いろんな方に相談をし、乳首にシリコンの乳首を付けたりもしました。

それをつけると、たまに吸ってくれることもありましたが、哺乳瓶と交互に使っていたので、やはり哺乳瓶が良かったみたいで、赤ちゃんは大泣きでした。

いろいろ努力してもなかなかうまくいかないので、泣きたくなったり、ストレスで押し潰されそうでした。

乳首は、マッサージしてもしても、なかなかおおきくなってくれず、傷だらけで血がにじんだり本当に大変でした。

そのうち、哺乳瓶で飲む回数が増えていき、ますます悪循環になってしまいました。

だんだん赤ちゃんも、おっぱいを近づけても吸わなくなってしまい、私のやる気もなくしていきました。

おっぱいをあげてる友達を見ただけで、落ち込む日々でしたが、中には完ミにしてる方も居ました。

完ミの方のお話を聞いたりしているうちに、自分が落ち込んでいては良い育児ができないなと思い、なるべく悩むのを止めようと決めました。

上の子と同じように、下の子もおっぱいを吸ってくれず、同じようにマッサージをする日々でしたが、下の子の時ほど悩まず、完ミで育てることにしました。

いろいろ努力してきましたが、悩んでばかりいたら余計におっぱいは出ないし、育児に悪影響が出るので、ある程度努力したら、別の考えを受け入れたり、自分流の育児をすることが、大切だなと思いました。

後悔しないように、いろいろ試したり努力はして良かったと思っています。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ