→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


貧血で母乳をやれず完ミに。歯がまだら模様になりました

母乳育児を希望でした。私の周りのママさんたちは圧倒的に母乳育児の人が多かったのと、子供の免疫力などのためには母乳が1番かなぁと思っていたからです。でも、実際は混合から完全にミルクのみの育児になってしまいました。

出産は私の体の事情で帝王切開になる事が事前に決まっており、出産後はほとんど動けないで過ごしてしまったのと、予定日よりもかなり早く生まれてしまった為に体重が軽く、なんとか増やさなくてはとの病院側の話だったので、子供が飲みやすかったミルクを多く与えてしまっていたので、母乳を飲ませるタイミングを逃してしまったという感じです。

子供は保育器の中だったので、母乳を絞ったものを哺乳瓶にためて飲ませるという事はしましたが、小さく生まれてしまった子供が心配な事や、自分は手術後で思うように動けない事が情けないと思ったりと、すっかりブルーな気分になってしまって母乳もあまり出ない状況でした。

母乳を増やすために試したことやトラブル、体験談を教えてください。

出産後に入院している間は、とにかく少しでも母乳を絞って飲ませなくては!と思って1日中おっぱいを絞っていました。胸が内出血で真っ黒になる程でした。でもほとんど出ず毎日泣いてばかり。助産師さんにマッサージもしてもらいましたが、直接吸ってもらうと違うのにねと言われて、それができない事で落ち込むと悪いサイクルで回っているような毎日でした。

そんな状況だったから精神的にストレスがあって母乳も出なかったのだと思います。無事に退院できてからはビックリするほどおっぱいが張って、母乳も随分出るようになりました。

搾乳機で絞らないと痛くてダメなほど。でも、子供は哺乳瓶で飲む事にすっかり慣れてしまっていて、直接は中々飲んでくれませんでした。諦めずに直接母乳を与えていればよかったのかなぁと思うのですが、小さく生まれた子を何としてでも大きくしなければ!と思う気持ちが優先してしまい、おっぱいを絞って哺乳瓶で飲ませていました。

そのうち、私にひどい貧血が出てきてしまい、搾乳後にフラフラになってしまうような状況になって、やむなく母乳をストップする事になりました。

すぐに仕事に復帰しないといけなかったので、私的には完全にミルクになるのは都合が良かったのですが、やっぱり諦めずに母乳にすれば良かったかなと思う事もしょっちゅうでした。色々悩んでばかりでしたが、子供が大きくなっていくにつれて母乳ばかりにこだわらなくてもいいのかなぁと思うようになりました。

子供は大きな病気をする事もなく、無事に大きくなる事が出来ました。だいぶ経ってからの事ですが、子供が虫歯になってしまって歯医者に行った時に、歯科衛生士さんに「歯の色がちょっとまだら?になっている所があるんだけど、お腹にいた時とか母乳とか、少し栄養が足りなかったのね」と言われてショックを受けた事がありました。

ミルクは母乳に近い成分なのでしょうが、やっぱり母乳は1番なのでしょうか。もっとリラックスして育児に取り組めていたら、母乳育児もできたのかなと思います。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ