→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


1ヶ月での混合ミルク量の目安

ミルクだけの場合のミルク量は計算しやすいですが、混合で母乳とミルクをあげている場合、母乳の量が入ってくるため、ミルク量はいったいどれくらいあげればいいのか、迷いますよね。

特に生まれて1ヶ月の時には、赤ちゃんが飲むのも、ママが母乳をあげるのもまだ慣れていなくて、ミルクを足しているママも多いと思います。
どれくらいミルク量にしてあげたら良いのか、今回は、1ヶ月で飲ませるミルク量についてみてみましょう。(個人差はあります)

生後1ヶ月は あげすぎに注意しましょう

1ヶ月の赤ちゃんは、満腹中枢が未発達のため、ミルク量を増やせば増やすほど飲んでしまいますので注意が必要です。
そして、ミルクは腹持ちがいいので、必ず次の授乳までに3時間はあけるようにしましょう。

ミルクを足すタイミングもいろいろあると思います。一日のうち半分は母乳、半分はミルクをあげているママや、母乳の後にミルクを足しているママもいるかと思います。

個人差はありますが、混合の場合の、1ヶ月の赤ちゃんのミルク量の目安は、1回30ml〜60mlといわれています。
母乳をあげた後すぐにミルクを挙げるときのミルク量は、1回20mlほどで、一日にたすミルク量が100ml以下だと、母乳だけでも大丈夫なようです。

母乳もミルクもあげたのに泣いている場合は、オムツやママ抱っこしてという合図だったりすることもありますよ。

ミルク缶のミルク量よりも少なく

完全ミルクの場合は、ミルク缶の表示でよいのですが、混合の時のミルク量は、母乳も飲んでいるので、それよりも少なくてよいです。赤ちゃんの様子を見ながら、先ほどあげた目安のミルクの量を足してあげたらよいでしょう。

母乳の出は、個人差があるので、一番良いのは1ヶ月検診の時の体重をみてから、あまりにも体重増加が少なかった場合は「何グラムのミルク量でたしてあげてください」と言われると思います。

母乳だけで足りている場合でも、6ヶ月までは1週間で100〜200gの増加の目安はありますが、多少であれば、赤ちゃんの機嫌などによっては増加が少なくても心配しなくても大丈夫なことが多いので安心してください。

「完全母乳」・「混合」・「完全ミルク」 これからどうしていきたいですか?

1ヶ月で大切なのは、ミルク量を厳密に増やしていくことよりも、ママ達がその後、完全母乳にしたいのか、このまま混合にしていきたいのか、完全ミルクにしたいのかということではないでしょうか。

ちなみに母乳は、赤ちゃんに吸ってもらえば吸ってもらうほど量が増えてくるので、1ヶ月のはじめの方は、不安でミルク足していても、完全母乳にしていきたい場合は、母乳は必ず3時間おきをしなくても大丈夫ですので、2時間でも1時間でもよいので吸わせてあげてください。

そうしながら、ミルク量を減らしていくとうまく完全母乳にうつることができると思います。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ