→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


1ヶ月検診で体重が増えず成長曲線ぎりぎりでミルク足すように

上の子が完母だったので、下の子も当然母乳育児にするつもりで退院後はミルクは足さずに母乳だけでいました。

でも上の子の時と違い、忙しく思うように睡眠がとれず、疲れも溜まっているせいか母乳が足りなかったようで、ほぼ毎時間泣き、そのたびに飲ませるようにしていました。すると1カ月健診で体重がほとんど増えていないと指摘され、今後はミルクを足すように言われました。

それ以来昼間は母乳、夕方から夜にかけてはミルクというふうにしていき、その後は少しずつ体重も増えていきました。

母乳を増やすために試したことやトラブル、体験談を教えてください。

出産前から母乳マッサージをして、そして出産後も母乳をあげる前や入浴中には母乳マッサージを欠かさずやっていました。

ゆっくり休めて睡眠がとれたようなときは母乳の出がよかったようなのでなるべく睡眠をとるように心がけましたが、上の子の面倒等で忙しく簡単には休めませんでした。

昼間も少しでも時間があれば体を横にするようにしましたが、限界があり、せめて食事でもと思い、なるべく和食にして食べる量を増やし、そしてお団子などの和菓子も多く取るように心がけました。けっこう食べてたと思いますが、おっぱいが張っても飲ませるとあっという間に張りが落ち着き、まだまだ足りないようでした。

1カ月健診で指摘されてミルクを足すようになってからは、ミルクの後の数時間後はいっぱい出てたように感じますが、まだまだ足りないような感じはしていました。

ただミルクを足すようになってからはまとまって寝る時間も増えたため休める時間も少しでき、体もだいぶ落ち着いてきた感じがします。

4カ月ごろ私が病気で薬を服用しなければならなくなり、その間2週間ほど母乳をやめ、ミルクだけで過ごしました。
ミルクを飲ませていたおかげか、その間は体重もどんどん増えて行きました。

母乳をあきらめたわけではなかったので、飲ませられない間は母乳を搾乳機で絞り、薬の服用が終わった後は母乳を飲ませられるように母乳が止まらないようにしていました。
搾乳機で絞ってみると、おっぱいが張った後でも計ってみると100ミリも出ていなかったので、本当に足りなかったのだと痛感しました。

それ以来、薬をやめて母乳を復活させた後も、なんとなく足りなそうなとき、こっちの体もしんどい時は無理せず、母乳の後にミルクを飲ませるようにしました。
栄養はミルクでとり、母乳で免疫やスキンシップをと考えるようになりました。

ミルクだけにしていた間、一時的に体重は増えましたが、やっぱり体重の増え方は緩やかで成長曲線ぎりぎりでした。
離乳食にしてからはよく食べていたので、やっと平均的な成長になりました。
無理に母乳育児にこだわらず、ミルクを併用させて最初からちゃんと成長させてあげればよかったと今でも後悔しています。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ