→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


二人目は母乳の出が良くなるハーブティーを飲んで完母できました!

母乳が出るなら完全母乳が希望でしたが、初めての子の時はほとんど出ませんでした。
助産師の方に、「初産の方は出にくいことがあります。与え続けていれば、そのうち出るようになりますよ」と励まされ、その言葉を励みに毎日母乳を与えていましたが、量が足りないのかとても泣くので切なかったです。

結局、母乳だけでは足りずに粉ミルクを足していましたので、一人目の子は混合で育てました。
二人目の子は、なぜか最初から母乳が良く出ましたが、8:2ぐらいで母乳:粉ミルク、完全母乳ということはなかったです。

母乳を増やすために試したことやトラブル、体験談を教えてください。

まず、助産師さんに言われた通り、母乳が出ていなくてもとにかく赤ちゃんに吸わせること、これを続けていればそのうち出ると信じて、赤ちゃんが泣くたびにおっぱいは与えていました。入院中に、助産師さんに母乳の出が良くなるというマッサージを施してもらいましたが、あまり効果はなかったようです。

やはり愛しい我が子ですから、母乳を飲ませてあげたい、という思いは母親ならだれでもありますよね。母乳は、赤ちゃんが直接吸っているので実際どれくらいの量出ているのか、わからないのが難点です。一度、量を測るために手でしぼってみましたが、ほんのわずかしか出ていなかったため、ためらうことなく粉ミルクを与えました。

8割方粉ミルクで育てましたが、粉ミルクをあげる前に、形だけでも必ずおっぱいは吸わせていました。
二人目を妊娠中は、今度こそという思いもあり、知人にプレゼントされた「母乳の出が良くなるハーブティー」を一か月ほど飲み続けました。妊娠末期のことだったと記憶しています。その効果があったのか、二人目の時はスムーズに母乳が出て、夜中の授乳もとても楽になりました。

一人目の子の時は、夜中の授乳の際に粉ミルクを作るために、寒い冬でも布団から一旦出てキッチンへいかなければならなかったため、とても面倒でした。

二人目の時はよく母乳が出たので、いわゆる添い乳(添い寝しながらおっぱいを吸わせる)が出来、寒い中布団からわざわざ出る必要もなく、たいへん楽でした。

二人目の時とても楽だったので、一人目の時と同じように手しぼりで量を測ってみたことがありましたが、哺乳瓶に80CCぐらいは出ていて(これでも、よく出る人と比べるとだいぶ少ないとは思いますが)、赤ちゃんも満足していたので本当にありがたかったです。

一人目と二人目で違うことと言えば、やはり「母乳の出が良くなるハーブティー」を飲んだかどうか。なので、今ではこのハーブティーのおかげだったんじゃないかという気持ちが強くなってきています。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ