→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


母乳外来に週1回のペースで通い、助産師さんのマッサージや哺乳量の確認、母乳が増えるようなアドバイスをもらっていました。

初めての出産でした。絶対母乳!のような世間の風潮に乗り、私もなんとなく母乳がいいんだろうと思い母乳育児を希望しました。

しかし、産まれてみるとなかなか母乳が出ない!出ないし、飲ませ方もうまくいかないし、赤ちゃんもまだ飲み方が下手だしで最初はとても大変な思いをしました。
おっぱいはバンバンに張っているのに、量が出なかったです。

退院時には、「頑張ればミルクなしでいけるよ!」と助産師さんに言われたので、退院後もしばらくはがんばりました。
おっぱいの前後で体重を測り、哺乳量もわかるようにしました。
また、出産した病院で母乳外来にも通いましたが、思うようには増えませんでした。

結局ミルクとの混合栄養になりましたが、母乳量は微量だったと思います。

母乳を増やすために試したことやトラブル、体験談を教えてください。

母乳を増やすために、何度も乳首をくわえさせました。赤ちゃんの体勢もいろいろ変えてみて、私も子どもも飲みやすい方法をいろいろ試してみました。
助産師さんに教わったおっぱいマッサージを自分なりに自宅でも行いました。

また、出産した病院の母乳外来に週1回のペースで通い、助産師さんのマッサージや哺乳量の確認、母乳が増えるようなアドバイスをもらっていました。

搾乳もして、なるべく子どもにおっぱいを飲ませられるようにしていました。

食事にも気を遣いました。実家に里帰りしていましたが、両親にも協力してもらいなるべく和食の薄味のものを作ってもらうようにお願いしました。
おっぱいにいいと言われる飲み物も母が買ってきてくれたので、なるべくたくさん飲むようにしました。

しかし、母乳が増えるような気配はありませんでした。

また、出産直後に義母から「おっぱい出ないのか?」と言われてしまいました。それからも会うたびごとにおっぱいのことを言われ、とてもストレスでした。そのこともおっぱいが減ってしまった原因になったのではと今になると思います。

どれくらい飲んでいるかわからないストレスや、赤ちゃんはミルクでも美味しそうに飲んでいること、自分のおっぱいに自身がなくなったことから、ミルクの量が徐々に増えだしました。

ほぼミルクがメインの混合栄養となり、子どもが6ヶ月になった頃にはおっぱいはほとんど出ていなかったのではないかと思います。

その頃、体調を崩して受診した内科の医師から「栄養のない母乳よりも、ミルクのほうが子どもにとってはいい」と言われました。

母乳にこだわって自分のエゴのために栄養のないおっぱいを飲ませ続けるよりも、子どものことを第一に考えてミルクでいいんだ、と思ったらとても気が楽になりました。

母乳が出るなら母乳で育て育てたかったなと思いますが、今、子どもは元気になんの問題もなく大きくなってくれています。
ミルクがメインの混合栄養にはなってしましましたが、これでよかったんだと思います。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ