→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


混合でミルクを飲まない場合の対処法

母乳とミルクの混合であげているママにとって、赤ちゃんが急にミルクを飲まないと心配になりますよね。
その場合の対処法についてみていきたいと思います。

哺乳瓶やミルクの味が気に入らないのかも

母乳とミルクを混合で飲ませている場合、「ミルクを飲まない」サインを出す赤ちゃんも多いようです。
・哺乳瓶の乳首を変えてみる
母乳実感など、人間の乳首に近い哺乳瓶の乳首も販売されていて、使ってみると意外とミルクを飲みだした赤ちゃんもいます。

・ミルクの種類を変えてみる
母乳はママの食べ物によって味が変わるので、味が一定のミルクは嫌だ。と好みが出てきたのかもしれません。こちらも、母乳に近いミルクもありますので試してみてください。

母乳が十分出ていて、満足しているのかも

母乳をあげた後に、いつもミルクをあげて混合にしていた場合は、もしかすると、母乳が十分に出ていて、ミルクはもういらないよ。というサインかも。

生まれて間もないころは、満腹中枢があまり発達していないため、混合にしてミルクもたくさん飲みますが、2か月ほどになると、満腹感がわかってきた時期になり、母乳もミルクも混合であげているのに泣き止まない場合は、あげすぎで「おなかがいっぱいだよ」と泣いているのかもしれません。
こんな時は、赤ちゃんがよく吐き戻しうなっていることが多いようです。

赤ちゃんが母乳で満足していて、ミルクを飲まなくても赤ちゃんのおしっこが出ていて機嫌が良ければ、ミルクとの混合はやめて、母乳だけにしてみるとよいでしょう。

必ずミルクと混合にしなくても大丈夫

体重の増えがあまり良くないため、混合で栄養を足してあげなきゃ。と思って、あげているママもいるかもしれません。
体重の増えは、母乳のみの赤ちゃんは成長曲線どおりではなく小さめのことが多いため、必ず混合にしなくても大丈夫です。

5〜6か月以上になっているときは、母乳とミルクの混合を減らして、離乳食を少しずつ進めてみてもいいかもしれません。
嫌がっていたミルクも、ミルク粥にすると意外とパクパク食べることもあるみたいですよ。

いずれにしても、飲まないからといって悩みすぎず、まずはママがリラックスして赤ちゃんの様子をよく見てあげてくださいね。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ