→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


哺乳瓶に慣れて乳首で吸わない→母乳育児まで3ヶ月かかりました

産院で子供が産まれてから、母乳をあげようと初めての授乳をした時、子供がなかなか乳首に吸い付いてくれないということがありました。
子供が産まれる前から母乳がにじみ出るほど出る人と違って、私の場合は最初はあまり母乳が出ませんでした。
なぜ出なかったのかはわかりませんが、産んだら自然に出るようになるだろうと楽観的だった考えが一転して憂鬱な気持ちになりました。

乳首をマッサージをしたりして柔らかくして、子供が吸いやすいように扁平だった乳首を少し伸ばすようにしました。
それでも子供はなかなか私の乳首に吸い付いてくれず、それでますます出ない母乳が全く出なくなるのではとあせりました。

そして足りない母乳をミルクで補っていたので、子供は楽に吸える哺乳瓶に慣れてしまって余計乳首から吸わなくなりそうになりました。

産院から退院した時、いろいろと不安があったのですが、その中でも栄養を子供にちゃんと与えられるのだろうかという不安が一番大きかったです。
それでもなるべくミルクを減らしてせめて最初の1ヶ月だけでも母乳をあげたかったので頑張って混合でやっていました。

母乳とミルクの混合授乳は両方準備するので時間がかかってしまい、夜中は正直眠いしヘトヘトになりました。
その上子供の飲んだ母乳の量はわからないのでどれぐらいミルクを補えばいいかさぐりさぐりでした。

そうやってやっているうちに母乳の出もよくなったのか子供も乳首に慣れて吸い方が上手くなって、だんだん授乳が楽になってきました。
ミルクも少しずつ減らして、母乳に切り替えていけそうなところまで持って行くまで2〜3ヶ月はかかったと思います。

すると今度は私の胸が張って、授乳しないと固く重くなってきたりしました。

母乳の量はそれほど多くなかったですが、服ににじむこともあったのでそれなりに出ていました。
母乳パットを入れたりするほどではないですが気になったりもしましたし、外出が億劫になりました。
順調に母乳育児は進んでいくのは喜ばしいことだったのですが、固くなった胸が痛いときもありました。

その上乳首が切れてしまうこともあったので、その時は授乳をやめたいと思いましたが、子供の栄養はその時完全に母乳に切り替えていたのと、苦労してここまできてミルクに切り替えるのは抵抗がありました。とりあえずなんとか痛みに耐えて様子をみていました。

乳首を保護するシリコンカバー

乳首が切れた傷は授乳の度に悪くなりそうだったので、とりあえず何か方法はないか調べたところ、乳首を保護するシリコンカバーが売られている事が分かったのでそれを使ってなんとかしのぎました。傷が治ったときはほっとしました。

子供が生後7ヶ月ぐらいになって歯が生えはじめ、離乳食が始まった頃、これから離乳に向けて用意しようとなりました。
乳腺炎も怖かったので、子供が2才ぐらいまでにだんだん離乳していくことにしました。結果それよりは早い1才5ヶ月ほどで離乳できて、子供も最初はおっぱいをほしがりましたが、子供の歯も立派に生えてきて吸う時痛かったので早いうちになんとか離乳できてよかったと思います。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ