→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


低出生体重児出産→頻回授乳し3ヶ月で完全母乳育児になりました

子どもを低出生体重児で出産しました。

子供が規定の体重に乗るまでは入院生活。
そのため、ほぼ毎日母乳を搾乳しなければならない生活でした。
その生活は出産から3か月ほど続きました。

何せ出産が帝王切開だったので、出産直後から搾乳する座る姿勢がとれなくて困る。
帝王切開の傷口が痛いし、出産後の子宮の収縮でうずくし、そんな中で3時間毎の搾乳。

またはじめての出産だったこともあり、看護師さんに力いっぱい、搾乳されてても母乳はわずか数滴。
乳首をありとあらゆる方向に引っ張られて、母乳量を少しでも増やすために3時間ごとに起こされる私。
正直、子どもがそばにいないので、看護師さんに規則正しく起こされるのは、参りました。
赤ちゃんがそばにいたら、否応でも授乳しなければならないけれど、本当にしんどい。

その後、母親の私だけが退院し、毎日搾乳。
どういう方法が一番、効率よく搾乳できるのか試行錯誤の日々。

一番、お世話になったのは、インターネットで検索ヒットしたこのサイトです。母乳マッサージの具体的な方法(桶谷式というもの)や食事の内容や取り方、母乳が詰まりかけの対処方法やしこりを少しでもケアできるセルフケアを学びました。

またNICUに面会する時間内で授乳を行うのですが、思っているほど子供が母乳を飲んでいないことも判明。

授乳前後で子供の体重を測れば、どれだけの母乳を飲んでいるかがわかるのですが、我が子は乳首を加えて、母乳を吸っているように見えてたのですが、大体1回10gほど。

でも搾乳は大体3時間毎に1回、50mⅬだったので、念のために病院に併設されている母乳外来を行くことになりました。
その時、指摘されたのが、乳腺が「細い」ということ。

普段、ほかのお母さんたちのおっぱいを見慣れている助産師さんからしたら、私の乳腺があまりに細いので、「これじゃあ、赤ちゃんがいくら吸っても、出にくいね。」とショックな言葉を受けました。

おまけに乳腺が細い故、詰まりやすい、すなわり乳腺炎に気を付けなさい、とまで言われました。
1回30分、2000円の母乳外来を週1回のペースで受診。

子どもが退院する3か月後ころには、なんとか食事量と母乳の生産量が見合うようになり、なんとか母乳育児ができるようになりました。
そして、乳腺が細い私への対策は、とにかく頻回に授乳して、子どもに母乳を吸いまくってもらうこと。

このミッションのために、離乳食が始まるころまでは2,3時間ごとに授乳でした。
食べることや家事をこなすこと、買い物に出かけることよりも、なにより授乳第一生活が約半年。

そのおかげで産後の体重は一気に戻りましたが、とにかく体力がすべて授乳で奪われた気分でした。
また、授乳生活の連日だったので、ストレスは毎日マックス。
ストレスは母乳によくないとわかっていながらも、チョコレートを食べる日々。
すると一気に、乳腺が詰まって、大変なことに。

チョコレートを食べるのを止め、母乳外来でしっかりマッサージを受けることで、最悪の事態は免れましたが、本当にあんな大変な授乳生活はこりごりです。
次、機会があるなら、ゆったり混合授乳をしたいです。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ