→カリスマ助産師さんから教わった母乳を増やすコツはこちらをクリック!


一人目も二人目も完母を目指し搾乳器で3ヶ月頑張りました

現在、2児の母です。

一人目も二人目も完母を目指しておりましたが出産後、母乳がなかなか出ずに大変苦労しました。
産院では母乳育児を推奨しておりましたので、一人目の妊娠中から母乳を出すためのマッサージなどするように助産師さんから検診の時に常々言われていました。そうは言っても出産すれば出るようになるだろうと思い、乳首のマッサージはほとんどしませんでした。

実際に既に出産していた友人たちも母乳は出過ぎて困るという話しを聞いていたので、大した準備もせず出産に臨みました。
けれど、結果として産後あまり満足に母乳は出ずとてもショックを受けました。

赤ちゃんにおっぱいを含ませようとしても、なかなか上手く口に含ませることが出来ず、自分の不甲斐なさに悔しい思いをしました。また、乳首が切れてしまうことがあり血が出たりして痛い思いをし何度も挫けそうになることがありました。

入院中、母乳育児が上手く出来そうにないことを助産師さんに相談すると母乳をたくさん出すためには母乳を出すようにするしかないとのことで、授乳の時以外も赤ちゃんの寝ている傍らで搾乳器を使って休まずおっぱいを絞って母乳量を増やすという努力を重ねていきました。

そうやって頑張っていても、母乳の量が足りず赤ちゃんが泣いてしまうと、本当に可哀想で自分に絶望したりすることも多々あり何度も涙しました。特に旦那さんの帰りが遅い日は赤ちゃんと家の中に二人だけのため孤独に感じることもあり、出産後すぐは不安な毎日が続きました。

母乳がなかなか出ため、搾乳器を使い、時にはミルクを足すということを繰り返しながらやっと安定して授乳できるようになったのは3ヶ月目くらいからでした。

たった3ヶ月でしたがその間はいつまで続くのか分からない苦しい状況にいつも苦しまされていたように思います。

二人目の時

二人目の時は、既に自分は体質的に母乳が出づらいことが分かっていましたので、実際に母乳があまり出なかった時もさほどショックは受けませんでした。

妊娠当初は、今度はあまり無理せずミルクで育てようと思っていましたが、出産が近付くとやはり二人目も母乳で育てたいという気持ちに変わり、産後すぐから産院の搾乳器をお借りしながら母乳が出るようになるまで絞るということをしました。

また、一人目の時にお餅を食べるとよく母乳が出ていましたのでお餅を食べたり、本来、授乳中は禁止されている乳製品なども乳腺炎にならないようにして食べ、母乳量を増やしました。

大変だと感じる時もありましたが、それでも一人目の時よりはやり方が分かっていましたので心の面ではだいぶ楽だったように思います。
二人目も一人目の時と同様に母乳が安定して出るようになるまでには3ヶ月くらいかかりましたが、今度は自分を追い込むようなことはしませんでした。
最初の母乳が足りないと思うときだけ無理せずにミルクを足すようにして、それ以降は完母にすることが出来ました。

一人目も二人目も完母で育児をすることが出来ましたが、最初の3ヶ月は大変でした。

特に一人目の時は母乳が出ないことによる劣等感や赤ちゃんに対する申し訳ないという気持ちが強く辛い毎日だったように思います。出産すれば当たり前に母乳が出て育児をすることが出来ると思っていただけに、自分にはショックなことがたくさんありました。心身共に辛い思いをしましたが、「赤ちゃんが欲しがる分だけ母乳は出るようになっている」という助産師さんの言葉に励まされ頑張った結果、母乳で赤ちゃんを育てることが出来、とても満足しています。

母乳の量を増やすコツ



特に母乳の量を増やすには、助産師さんからおすすめされたたんぽぽ茶と母乳育児専用ハーブティーほほえみママブレンドがおすすめです。

私はどちらも飲みましたが、どちらも飲んでから30分ほどするとおっぱいに「ツーっ」としたあの感覚が湧いてきて、母乳が出るようになりました。

どちらも美味しく飲めますので、好みで選ぶといいですよ♪










 
サブコンテンツ

このページの先頭へ